蜂窩織炎の治療に抗生剤は効く?再発して入院しないために

蜂窩織炎(ほうかしきえん)の治療には
何が効果的なのでしょうか?

抗生物質が効果的な治療法となるのでしょうか?

治療の方法や
再発、入院について調べてみました。

今回は
蜂窩織炎について調べたことを紹介します。

SPONSORED LINK

蜂窩織炎とは?

蜂窩織炎
蜂窩織炎というのは、
簡単に言えば、細菌感染症の炎症のことを言います。

まず初めに次の動画をご覧下さい。

【蜂窩織炎とは?2分で解説!】

蜂窩織炎の炎症は
皮下脂肪の組織にかけて起きるもので、
傷口から入りこんだ細菌が炎症を引き起こします。

この蜂窩織炎については、
発見が早ければそれほど被害は大きくなりません。

しかし、
動画の中にもあったように
放っておくと、
さらに深い部分の組織や範囲が
広がってしまうことになるので、
なかなか治らないということになってしまうのです。 

 

原因は?

蜂窩織炎 細菌
蜂窩織炎の原因としては、
傷口などから入った細菌によるものです。

しかし、通常、
人には身を守る機能がありますので、
細菌が体内に入ったとしても
必ず蜂窩織炎になるというわけではありません。

ほとんどの場合、
感染症は引き起こさないと言えます。

蜂窩織炎を引き起こす時というのは、
免疫力などが弱っており、
侵入した細菌に対して抵抗力が働かない時です。

つまり、原因としては、
細菌であり、自身の抵抗力の低下であると言えます。

 

治療法は?

蜂窩織炎治療
蜂窩織炎の治療法としては、
メインは抗生物質による治療です。

適切な抗生物質を服用することで、
2週間程度で回復することが出来ます。

あまりにも酷い場合は、
入院し、該当の箇所を切開ということもあります。

この辺りの判断は
症状の進行具合などを踏まえた
お医者さんの判断になります。

抗生物質で労せず治療したければ、
早めの対応が大事だということです。 

 

抗生物質が効果的?

蜂窩織炎抗生剤
蜂窩織炎の治療には抗生物質が効果的です。

適切な抗生物質を用いれば、
数日で治るケースもありますので、
ほとんど治療に苦労は必要ないと言えるでしょう。

しかし、
この抗生物質の選択を誤ってしまうと、
そこから合併症が引き起こされる可能性があります。

もちろん
抗生物質を選ぶのはお医者さんではありますが、
服用後の症状が怪しければ、
すぐにお医者さんに相談したほうが良いです。

 

再発しないようにするためには

蜂窩織炎の再発を防ぐためには、
2つの方向からの対策が重要です。

 ・細菌に侵入させない
 ・抵抗力をつける

細菌に侵入させないためには、
傷口が出来た際に引っかいたりしないことです。

虫さされなどの場合、
患部はよく洗い、
出来るだけ触らないようにしましょう。

また、抵抗力をつけるのは、
バランスの取れた食事やしっかりと睡眠を取る
などです。

これは今更ではありますが、
基本的な生活をしっかりと送ることで、
蜂窩織炎の再発を防ぐことが出来ます。

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)