花粉症のだるい症状の対策と解消法。薬の副作用?何科に?

花粉症のだるい症状
悩まされている方は多いと思います。

その症状は
薬の副作用から来るものなのでしょうか?

対策や解消法はどのようにすれば良いのか?

病院は何科に行けば良いのか?

今回は
花粉症のだるい症状について調べてみました。

SPONSORED LINK

花粉症のだるさの原因

花粉症でだるさが出ることがありますが、
これは副鼻腔(ふくびこう)が大きく関係しています。

花粉症になると
鼻づまりが続くことになります。

そして、
その鼻づまりにより炎症が起きます。

炎症を起こすことにより、
副鼻腔に膿が溜まり、
吸い込める酸素が少なくなります。

花粉症の際、
呼吸がしにくいという経験をした人が多いのは、
鼻の中で上のような症状が起きていたからなのです。

そして、
吸い込める酸素が少なくなりますので、
酸欠となります。

この酸欠状態によって
だるさが引き起こされるのです。

花粉症の際はこういっただるさの他、
頭痛や微熱の症状も起きます。 

 

薬の副作用でだるい?

花粉症でだるくなることがありますが、
その花粉症の薬の副作用でだるくなることもあります。

花粉症の症状を治めるために
薬を服用することがあるかと思います。

最近は
副作用が少ない薬というのも多く出回っていますが、
まだまだ眠くなったりだるくなってしまうものもあります。

そのため、
花粉症の症状ではだるさが表れなくても、
その他の症状を抑えるために
飲んだ薬によってだるくなってしまうということもあるのです。 

 

対策と解消法

花粉症でだるくなってしまった時の対策と解消法ですが、
ずばり花粉を吸わないことです。

花粉症というのは、
花粉を吸ってしまいアレルギーによって引き起こされます。

そのため、
その原因である花粉を断ってしまうのが効果的です。

方法としては
マスクやメガネなどを用いて対策すると良いです。

こういったメガネも登場しています。

【花粉症対策メガネ「Zoff AIR VISOR」】

このメガネ
花粉カット率が98.4%
という高い数字です。

また、
マスクを付けた時にはメガネが曇るということが、
メガネをかける人にはあるある話ではないかと思いますが、
このメガネは曇りにくくなっています。

これらのメガネを用いて対策することで、
花粉症によるだるさの効果的な解消法となります。 

 

花粉症でだるい時は何科に?

花粉症でだるい時に何科に行けば良いでしょうか?

この時に行く科としてはいくつか候補があります。

 ・耳鼻科
 ・耳鼻科咽頭科
 ・眼科
 ・アレルギー科

花粉症の症状は人それぞれ異なりますので、
例えばくしゃみは
鼻水などの鼻に関するものが多ければ
耳鼻科がオススメです。

涙が止まらない
などと言った、
目に関する症状が酷い場合は眼科が良いです。

こういった形で花粉症の時はどこと決めずに、
その時の酷い症状に合った科に行くのが
オススメとなります。

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)