妊娠時に空腹になるとナゼ吐き気が?初期と後期で違いは?

妊娠時は空腹になると
吐き気を催すことがあります。

この空腹時に吐き気を催してしまうのは
どうして起こるのでしょうか?

また、
この吐き気も
妊娠の初期と後期では違うのかについて調べてみました。

SPONSORED LINK

妊娠時の体調

妊娠時
妊娠は女性にとって
非常に嬉しいことではないかと思いますが、
体調には大きな変化が訪れます。

今までの自分の身体ではないような変化のために、
非常に驚く人が多いのです。

まずは、次の動画をご覧下さい。

【妊娠の時の体調の変化Q&A】

具体的な変化として、
抜け毛や腰痛、つわりやめまいなど、
実に様々な症状が表れます。

女性一人一人で症状が異なりますが、
つわりなどは妊娠時における代表的な症状だと言えます。

 

空腹時に吐き気が起こる理由は?

空腹吐き気
妊娠すると
空腹時に吐き気が起こる症状が出る方がいます。

これはいわゆる食べづわりと呼ばれるものですが、
酷い場合は、
常に何かを食べていないと気持ち悪い
ということになります。

この食べづわりですが、
起こる原因としては、
妊娠によるホルモンの変化があげられます。

ホルモンの変化が急激に起こり、
その影響で血糖値が下がり続けるために、
下がった血糖値を補おうとするのです。

そのために
身体がエネルギーの摂取を促すべく、
食べづわりが起きるのです。 

 

吐き気の改善方法

食べづわり
食べづわりによる吐き気ですが、
改善する方法は
血糖値を維持することです。

妊娠によって血糖値が下がり続けるために、
身体はエネルギーを欲して食べづわりが起きます。

そこで出来るだけ血糖値を上下させず、
一定に保ってあげるのです。

具体的には
1日の中で食事をこまめに分けて、
回数を多く食べることです。

こうすることで、
食事と食事の間の時間というのがそれほど空きませんので、
血糖値を上下することが少なくなります。

そうすると、
食べづわりの症状も改善されることになるのです。

また、
キャンディーなどのゆっくり味わうようなお菓子を食べる
のも効果的です。

逆にケーキなどは
その他の脂肪なども多いため、あまり適していません。

 

初期と後期の違い

妊娠初期と妊娠後期では
体調に大きな違いがあります。

妊娠初期の場合は、
急激に変化したホルモンバランスによって、
つわりなどが引き起こされます。

つわりは妊娠初期が一番辛く、
体調面でも様々な変化がある時期です。

それに対して妊娠後期は
お腹も大きくなり、
物理的な影響による体調の変化
というのも見られます。

お腹が大きくなってきたことで、
胃腸なども圧迫され、
それによって胃もたれなどの症状が出てくることになります。

このように初期と後期では、
その症状や原因にいろんな違いがありますので、
状況に応じて、対策してあげることが大切です。

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)