滑舌が悪い原因は脳の病気!?子供の滑舌治す改善方法とは

滑舌が悪い原因はどこにあるのでしょうか?

脳の病気なのか気になっています。

また、
子供の滑舌が悪い場合、
治す方法や改善方法はどういった方法になるのか?

今回、こういったことについて調べてみました。

SPONSORED LINK

滑舌が悪いとは

滑舌悪い
滑舌が悪いというのは、
発音が不明瞭であり、
聞いている相手が上手く聞き取れないような状況を指します。

まさに次のような話し方が滑舌が悪いという状態です。

【ガキ使 (長州力)滑舌悪い】

これはバラエティ番組の一場面です。

長州さんが話していますが、
滑舌が悪く上手く聞き取れないと思います。

それが笑いとなっているわけですが、
こういった形で
何を言っているか分からない状態が
滑舌が悪い状態です。 

 

滑舌が悪い原因は?

滑舌 原因
滑舌が悪くなってしまう原因には様々考えられます。

 ・話し方に問題がある
 ・口や舌の使い方に問題がある
 ・心理的な部分で問題がある
 ・脳の病気があり問題がある

上の3つについては、
滑舌が悪いということ以外には
それほど大きな問題にはなりません。

ただし、
4つ目の脳の病気というところでは、
滑舌が悪い以上に
その病気自体が大きな問題となるのです。

もちろん滑舌が悪いというのが、
そのまま脳の病気に繋がるわけではありません。

そのために心配し過ぎはよくありませんが、
それ以外の症状についても
慎重に観察する必要があります。 

 

子供の滑舌が悪いのは

By: ajari

子供の滑舌が悪いケース
というのも多くあります。

親としては
自分の子供の滑舌が悪いというのは
非常に心配になるのではないでしょうか。

子供の滑舌が悪い場合は、
病気ではない場合、
舌の使い方などに問題があるケースがほとんどです。

まだ、
言葉を覚えたてのため、
3~4歳程度であればそれほど心配する必要はありません。

ただし、
小学校に入るぐらいには直しておいたほうが、
癖などもついてしまうため、
後々の苦労が少ないと言えます。 

 

改善方法は?

滑舌の悪いのを改善する方法としては、
原因を解消して上げることです。

今回は
舌が固くなってしまっている際の解消方法を
紹介します。

 ・あごの骨から上にたどっていきとがった部分を探します。
 ・その骨の下側部分の筋肉に指をあてます。
 ・痛みがない程度にマッサージを行います。

この部分の筋肉が硬くなっていたり、
マッサージして痛みがある場合は、
筋肉が凝っているということになります。

この部分が凝っていると
舌が上手く回らない状態になりますので、
滑舌も悪くなってしまうのです。

滑舌の悪さが気になる人は、
意識的にマッサージしてあげると良いでしょう。

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)