家族がアルコール依存症!どこに相談?対応は?うつにならないように

家族がアルコール依存症になった場合、
どうすれば良いのか?

相談対応など
様々なことを考えなければなりません。

また、
思いつめすぎてうつになる危険性もあります。

今回は
家族がアルコール依存症になってしまった場合の
対応などについて調べてみました。

SPONSORED LINK

家族がアルコール依存症になると

家族が仮にアルコール依存症になった場合、
その家族には厳しい現実が待っています。

アルコール依存症の患者の方は
下記のような振る舞いをするようになります。

 ・時と場所を考えずに飲む
 ・アルコールを摂取するために嘘をつく
 ・暴力をふるうようになる
 ・二日酔いとなり会社を休みがちとなる

ほんの一例ではありますが、
こういったことが目立つようになります。

しかし、
家族としては本人を助けたいという思いがある一方で、
どこに相談して良いか分からないこともあり、
その思いが時には憎しみへと変貌してしまうのです。

アルコール依存症の患者がいる家族は地獄だ
なんていう言葉がありますが、
これはあながち嘘ではないのです。 

 

家族はどう対応するべきか?

アルコール依存症の患者がいる家族は、
まずはアルコール依存症の治療のために
全力で取り組むべきです。

しかし、
このアルコール依存症というのは、
非常に治しにくい病気です。

次の動画をご覧下さい。

【アルコール依存症はどうやって治す?樺沢紫苑】

動画の中でも解説していますが、
どうして治しにくいかというと、

アルコール依存症の患者の方は
自分がアルコール依存症であることを認めないためです。

病気を認めないということは、
病院にも通わず、治療も行いません。

しかし、
アルコールは摂取するために
病気がどんどん進行するということになるのです。

家族としては、
この状態を何とか脱するために
何かしらの対策を
取らなければならないということになります。 

 

どこに相談すれば良い?

By: John Liu

家族がアルコール依存症になった場合、
自分たちだけではどうすれば良いか
分からないことが多いため、
相談するのも1つの手段です。

相談場所としては、
自助グループであったり、
アルコール依存症の連盟などです。

ネットで調べれば
たくさんのそういったグループが出てくるので、
自宅から近いところなどを選んで
相談すると良いでしょう。

過去の経験などを交えて、
今後、取るべき対策を教えてくれるというのは、
非常にありがたいものです。

初めは勇気がいりますが、
家族のためと思って思い切って相談することです。 

 

うつにならないように

アルコール依存症の患者がいる家族では、
思いつめてしまうことにより
家族の方がうつになるケースがあります。

まるでアルコール依存症になってしまったのが、
自分の責任であるかのように
思いつめてしまうことで
うつ病になってしまうのです。

そうならないためには
思い込みすぎないことが大切ですが、
そのために必要なのは
相談することです。

なかなか家族がアルコール依存症であることは
告白しにくいですが、
自助グループなどで同じ悩みを持つ
ご家族の方などに打ち明けることにより、
気持ちが楽になります。

うつになり自分も倒れてしまっては、
今度は別の家族の方が追いつめられてしまうことになります。

そうなる前に誰かに頼り、
しっかりと相談することです。

関連記事:「アルコール依存症の離脱症状って?治療は?」

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)