茶アザの扁平母斑 原因と治療。遺伝関係ある?レーザー再発?

茶アザの扁平母斑(へんぺいぼはん)の原因は何でしょう?

また、
扁平母斑の治療は
どのように行われるのでしょうか?

今回は扁平母斑と遺伝関係や、
レーザー治療後に再発するかなども調べてみました。

SPONSORED LINK

茶アザの扁平母斑とは?

扁平母斑
茶アザの扁平母斑というのは、
簡単に言えば、茶色のアザです。

形は円であったり、
まったく不均一の形であったりと様々ですが、
表面については盛り上がっていることはなく、
平なアザとなります。

扁平と呼ばれるのは
平であることから来ています。

この茶アザの扁平母斑は
思春期に発症するケースが多いですが、
生まれつきというケースも決して少なくありません。

この茶アザの扁平母斑には毛が生えてくるものがあり、
それについてはベッカー母斑と呼ばれます。

茶アザと似たもので、
黒アザがあります。

いわゆるほくろですが、
茶アザはほくろとは異なり、
母斑細胞というものはなく、
皮膚の表面に色素が増えただけのもの
となります。 

 

原因(遺伝なの?)

茶アザ原因
茶アザの扁平母斑ですが、
色素によるものです。

肌の細胞の中にはメラニン色素がありますが、
これが集まると茶色に見えます。

メラニン色素はメラノサイトという細胞から生成されますが、
このメラノサイトが増殖すると
メラニン色素が大量に生成されることになります。

メラニン色素が大量に生成されると、
それが集まり茶アザがとなってしまうのです。

ちなみに、
メラニン色素を生成するメラノサイトですが、
どうして増殖してしまうかということについては、
よく分かっていません。 

扁平母斑は
遺伝性はないとされています。

 

治療方法は?

レーザー治療
茶アザの扁平母斑の治療法ですが、
ドライアイスを用いたドライアイス圧低療法(あっていりょうほう)や
皮削術(ひさくじゅつ)などの方法が用いられてきました。

しかし、
最近はこれらの方法に代わり、
レーザー治療が主体の治療方法となっています。

基本的に茶アザの扁平母斑は悪化しないために、
治療は見た目の改善ということになりますが、
レーザーを当てて茶アザを薄くします。

個人差があるために、
決まった治療法というのはなく、
一人一人に適した形で
多種類のレーザーを使って治療するケースというのもあります。

治療までの運びは以下のような形です。

【アザ・シミ 優愛クリニック】

まずはお医者さんとしっかり相談し、
どの部分のレーザー利用を行うか相談します。

実際の施術は麻酔テープを用い、
レーザー治療が完了後は、
綺麗な皮膚が再生するように処置を行います。

治療自体は簡単なものですので、
それほど心配しなくても大丈夫です。

ただし、
やはり治療を行うわけですから、
事前の相談はしっかりと行いましょう。 

 

レーザー治療による再発は?

アザ・シミ

レーザー治療は
一定の効果は上げるものの
再発するケースも多々あります。

特に大人であればあるほど
再発の可能性というのは高く、
根気良くレーザー治療を続けていくしか方法はありません。

そのため出来るだけ
レーザー治療を行う場合は、
新生児などの小さい時のほうが適しています。

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)