手足口病 子供の症状と潜伏期間。感染力が強い!?うつらないために。

手足口病の子供の症状と潜伏期間は
どの程度なのでしょうか?

感染力は強い病気なのでしょうか?

うつらないためにはどうすれば良いかなど調べてみました。

SPONSORED LINK

手足口病とは?

手足口病
手足口病というのは、
ウイルス性の感染症となります。

たびたび流行していて
小さいお子さんなどに
感染するのがよく見られています。

【手足口病のしくみ】

夏に感染することが多い病気ですが、
秋冬にも感染することもあります。

何と言っても特徴は
手足口に水泡が出来ることです。

重症化することもありますが、
多くの場合は水泡で治ることが多いのも特徴です。 

 

子供の症状

手足口病子供
子供の手足口病の症状としては
下記のものとなります。

 ・手足や口への発疹や水泡
 ・発熱
 ・下痢
 ・食欲低下

症状については個人差がありますが、
多くは水泡が見られます。

また、下痢や食欲低下なども見られますので、
水分補給などしっかりと親が管理してあげることが
大切なことになります。 

 

大人も症状は出るのか?

手足口病
手足口病は子供がかかる病気だ

と考えている人も少なくありませんが、
大人でも感染し症状は異なります。

簡単に言うと
症状は大人のほうが重いです。

では、
どういった症状が出るかと言うと…

 ・高熱
 ・水泡
 ・頭痛

子供の場合は
熱と言っても微熱程度でしたが、
大人の場合はおよそ30%の人が高熱を伴います。

また、
症状としては筋肉痛なども見られ、
子供に比べて大人がかかると
非常に辛い症状が多くなっています。 

 

ウィルスの潜伏期間

手足口病潜伏期間
手足口病のウィルスの潜伏期間ですが、
おおよそ2~6日程度です。

子供の場合は感染経路は様々ですが、
大人の場合は
子供の看病をしていて感染することが多いです。

そのため、
子供の手足口病が治ったと思ったら、
「今度は自分が」
っていうことも少なくありません。

保育士さんなどは、
どうしても預かっているお子さんから移ることも多く、

手足口病で休んだ子の後に
遅れて発症ということもあるようです。

 

感染力の強さは?

手足口病の感染力は非常に強いです。

感染経路としては、
下の3つになります。

 ・経口感染
 ・飛沫感染
 ・接触感染

こういった感染経路があるために、
どうしても子供がかかってしまうと
親は感染のリスクにさらされてしまいます。

また、潜伏期間でも感染力は強いので、
気付かないうちに感染していた
というケースも少なくありません。

おむつ替えなどは非常にリスクが高いため、
十分に注意する必要があります。 

 

うつらないようにするためには?

手足口病がうつらないようにするための予防としては、
感染経路に気を使う必要があります。

生活の中では避けられないものばかりではありますが、
例えば以下のような予防方法があります。

 ・おむつ替えした後はしっかりと手指の洗浄
 ・タオルは共有しない
 ・マスクの着用

こういった身近なことが効果的です。

感染経路が複数に渡るため、
油断していると常にリスクにさらされてしまうことになります。

特に大人は重症化してしまいますので、
予防には十分に気を配りましょう。

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)