お年玉の相場 小学生,中学生,高校生でこんなに違う!?平均額は?

お正月にあげるお年玉ですが、
迷うのが「いくらあげるか」だと思います。

少なすぎては可哀そう、
多すぎると無駄遣いしたりしないか心配したり

こちらの財布が大変!ということにもなります。

また、
相手の年齢と相場も加味しなければなりません。

色々、頭を悩ませることが多いお年玉、
いくらぐらいが良いのか調べてみました。

SPONSORED LINK

お年玉について

お年玉についてですが、
今でこそ現金を渡すことが多くなっていますが、
かつては餅が始まりでした。

昔は1年の健康を祈って、
お供え物として餅をお供えし、
そのお供えした餅を
皆で分け合って食べるようになったのがお年玉でした。

その餅から始まったお年玉が
今のような形になったのは、
商人の家で使用人にお小遣いを渡したのがキッカケ
だと言われています。

また、お年玉にはマナーがあり、
ポチ袋などに入れて渡すのが一般的です。

ポチ袋の中にお金を入れるわけですが、
その織り方にも気を配ることが出来ると、
マナーとしては完璧ではないでしょうか。

【お年玉の常識!? 正しいお札の折り方】  

お札であれば、
肖像画が描いてあるほうを表とし、
左、右の順番で3つ折りにしていきます。

そして、
お札の上面をポチ袋の表に来るようにお札を入れます。

お金の入れ方や折り方は
ささいないことかと思うかもしれませんが、
こういったことに気を配れるとオシャレではないかと思いますね。

 

小学生の相場

さて、前置きが長くなってしまいました…。

気になる相場ですが、
まずは小学生から紹介します。

小学生でも
自分の子供か
親戚か
友人の子供か
で違ってきます。

おおよその相場は下のようになります。

・小学校低学年    
 自分の子供…3000円
 親戚の子供…3000円
 友人の子供…3000円

・小学校高学年
 自分の子供…5000円
 親戚の子供…3000円
 友人の子供…3000~5000円

目安ではありますが、
これぐらいがお年玉の相場になります。

 

中学生の相場

次に中学生の相場ですが、
中学生はもちろん小学生よりも高く、
下記のようになります。

・中学生  
 自分の子供…5000円
 親戚の子供…5000円
 友人の子供…3000~5000円

小学生の高学年とそれほど大きな差はありませんが、
5000円ぐらいが標準となってきますので、
決してお財布に優しいとは言いにくいかもしれません。 

 

高校生の相場

By: Lordcolus

高校生となると
金額も笑って済ませられる額ではなくなってきます。笑

中学生よりも一段階上がることとなりますが、
お金から学ぶことも多いですので、
しっかりと渡したいものです。

・高校生  
 自分の子供…10000円
 親戚の子供…5000~10000円
 友人の子供…5000円

ついに1万円を超えるとなると
考えてしまう人もいるようです。

もちろんあくまで相場ですので、
これを守る必要はありませんが、
最近の高校生は
これぐらいは貰っているということですね。 

 

まとめ

お年玉の相場。
最後にそれぞれの額を簡単に比較してみました。

 ・小学校低学年…3000円
 ・小学校高学年…3000~5000円
 ・中学生…5000円
 ・高校生…10000円

おおよそですが、
これぐらいが相場です。

後は相手との関係性などによって
調整していくと良いのではないでしょうか。

関連記事:「お年玉袋の正しい書き方とマナー知ってる?」

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)