銀杏の処理の仕方は簡単?電子レンジで薄皮取れる?

銀杏の処理の仕方
というのは簡単でしょうか?

食べると美味しい銀杏ですから、
せっかくだから調理してみたい。

でも、
処理をしなければいけないので問題なんですよね。

電子レンジで出来るみたいですが、
処理の仕方は簡単でしょうか?

今回は
銀杏の薄皮の処理方法について調べてみました。

SPONSORED LINK

銀杏とは?

By: yamauchi

銀杏についてですが、
まずはこちらの動画をご覧下さい。

【秩父ミューズパーク スカイロードのイチョウ並木】

イチョウ並木の綺麗な動画になっています。

秋になると
イチョウの木の葉が綺麗な黄色となり、
並木道ともなれば、壮大な景色となります。

このイチョウですが、
今や至るところに植えられていますので、
見たことがあるという人も多いと思います。

そして、
その並木道に落ちている実が銀杏です。

ラクビーボールのような形をしており、
殻を割って出てくる実を処理すると
食べることが出来ます。

お酒のおつまみなどにも大人気ですが、
食べ過ぎると
銀杏中毒になることもあるので注意が必要です。

特にお子さんなどに多いために、
食卓などに出す場合は注意してあげましょう。

 

処理の仕方は簡単

銀杏を食べる際に
非常に手間になるのが
薄皮を剥く作業
ではないかと思います。

外の殻だけ外しても食べれないことはないですが、
中の薄皮を綺麗に向いて食べるのが
やっぱり美味しいですよね。

この薄皮ですが、
なかなか外れにくく、
各々の家庭でやり方はありますが、
意外に時間がかかります。

この薄皮さえ簡単に外せたら…

そう思ったことがある人は
一人や二人ではないはずです。

しかし、
この薄皮をサクっと剥くことが出来る方法があります。

それが電子レンジを使う方法です。

準備するものは下のものです。

 ・銀杏
 ・紙封筒
 ・電子レンジ

処理の仕方は非常に簡単で、
紙封筒に銀杏を入れて、
電子レンジにかけるだけです。

電子レンジにかけていると
はじける音がしますので、
そしたら取り出すタイミングとなります。

ポイントとしては、
封筒の封はしっかりと閉じておくことと、
封筒の角を切り取って
熱の逃げ場を作ってあげることです。

電子レンジをかけた後の銀杏は
薄皮は驚くほどサクサク剥けます。

やり過ぎると無残な形になってしまいますので、
後は少しずつ様子を見ながら
微調整をしていくと良いかと思います。

今まで手間をかけて薄皮を剥いていたという人は、
ぜひともこの方法を試してみて下さい。

この方法で
家で簡単に美味しい銀杏を食べることが
出来るようになります。

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)