ふくらはぎが夜中につる!対処法は?痛みが残るのはなぜ?

ふくらはぎが夜中につることがあると思います。

寝ている時にピキっときますよね。

あの痛みは
眠たい目をパッチリさせます。

この時の対処法はどうしたら良いのでしょう?

また、痛みが残るのはなぜでしょうか?

調べてみました。

SPONSORED LINK

ふくらはぎがつる原因

ふくらはぎがつる
そもそも
ふくらはぎがつるのには原因があります。

 ・筋肉の疲労
 ・栄養バランスの欠如

疲労については、
筋肉が疲れ、強く収縮する際に起きます。

通常、
疲れると筋肉はゆるむのですが、
過剰な刺激を受けた場合、
強く収縮することとなります。

栄養バランスの欠如は
体内中のミネラルなどのバランスが
汗をかくことなどにより崩れ、
筋肉が興奮状態となり、つることになるのです。

 

なぜ夜中につるのか?

夜中ふくらはぎつる
寝ている間に足がつり、
起きたらそれは夜中だった…

こんな経験が多くの人があると思います。

どうして
ふくらはぎがつる時は
夜中が多いのでしょうか?

これは、先ほど述べた「つる原因」の
栄養バランスの欠如に関係があります。

寝ている時、
人は気付かないうちに大量の汗をかいています。

暑い夏などは
特にそれが顕著だと思いますが、
冬でも同様です。

そして、
汗をかいたことにより
体内の栄養バランスが欠如することとなり、
そのために
ふくらはぎをつるということになってしまうのです。 

寝ているときは
深部体温も下がるので
冷えることも大きな原因のひとつです。

冷えることで
もともと硬さが強かった筋肉は
さらに拘縮を起こしてしまうのです。

 

対処法は?

ふくらはぎつる対処法
ふくらはぎがつった時の対処方法ですが、
ふくらはぎをしっかりと伸ばしてあげることが大事です。

【ふくらはぎストレッチ 足がつるのに効果あり】

動画でもありますが、
誰かに行ってもらうと良いです。

まずは、
足はしっかりと伸ばし、
膝に手を当てます。

これは膝が曲がってしまうと、
上手くふくらはぎが伸ばせないからです。

膝が曲がらないように固定した後、
足首を顔のほうにむけて押して貰います。

こうすることによって
ふくらはぎが伸びるのが感じることが出来ます。

力加減は
痛みによって調整してもらうのが良いですが、
なるべく均等な力で
長い時間伸ばしてもらうとかなり楽になります。

一人の時も膝が曲がらないようにし、
つまさきを手で引き寄せることで同じことが出来ますが、
身体が固くつまさきまで手が届かない人は
多少、膝が曲がっても構いません。

まずは、
しっかりとつまさきを引き寄せましょう。 

よくあるアキレス腱を伸ばすストレッチも有効です。
↓↓↓↓↓

 

痛みが残っている場合は?

ふくらはぎがつり、
しっかりとその対処をしても
痛みが残っている場合があります。

筋肉が強く収縮することで
炎症が起きたり

硬い筋肉が発生させた疲労物質が
血液に乗って流れされないで
ずっとそこに居座っていると
それが痛み物質に変化したりもします。

そういったことで痛みが残ってしまうのです。

強い筋肉の拘縮は
痛みを伴うのです。

痛みが残っている時は
無理はしないようにしましょう。

再びつる可能性があります。

痛みが残っている場合は
蒸したタオルなどを当てて、 温めると効果的です。

筋肉内の血流を良くして
硬くなった筋肉の酸欠状態を解除することができます。

これはつるのを防止することにもつながりますので、
オススメです。

関連記事:「ふくらはぎがむくんで痛みがあるのはなぜ?」

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)