入浴で消費カロリーはどのくらい?温度で変わる?30分浸かると…

ダイエットしたいけど
運動するのはきついし、時間がないし面倒…。

そう思うことは自然だと思います。

今回は運動をしなくても
消費カロリーを増やすことのできる方法をご紹介します。

今回ご紹介するのは入浴なんです。
ある方法で入浴をすると
消費カロリーが上がるんだとか・・・。

SPONSORED LINK

入浴のダイエット効果

入浴消費カロリー

身体を綺麗にするためや
疲労回復のために「入浴」をしますが、

普段は
何気なく浸かっているだけだと思います。

入浴にはダイエット効果がある
と言われています。

その理由とは
お湯につかることで体の血行が良くなり
代謝が上がり老廃物を排出したり
疲労回復を促進して身体が元気になり

結果として
ダイエットに繋がるからと言われています。

お風呂に入るからダイエット効果があるわけではなく
入ったことにより
結果的にダイエットに繋がるということです。

身体に老廃物が溜まっていると
代謝も悪くなりますし、
調子も良くないという状態が続いてしまい

内臓疲労や肩こりなどの
辛い症状に繋がってしまいます。

入浴することにより
不調の原因である老廃物を排出することができるので

普段はシャワーで済ませてしまう人は
少し時間を作って入浴することをお勧めします。

また老廃物などの
いわゆる毒素をきちんと排出すると
脂肪を燃やしやすい体になります。

というよりも
人間本来の能力に戻る
と言った方が正しいかもしれません。

イメージとして
あなたは本来、代謝が100あるとしましょう。

代謝が高いほど
老廃物の排出、脂肪燃焼をできる
と言われています。

しかし、
ストレスや生活習慣の乱れなどによって
代謝が60に下がってしまっている。

そうなれば
脂肪もうまく燃焼できず
太りやすい身体になってしまうのです。

また、
老廃物の排出もうまく行われないので
むくみやすくなったり
何となくだるい
といった症状が現れてしまいます。

そんな時に入浴をすると
身体が回復して代謝が60から70、90と回復をしていくので
脂肪燃焼をしやすくなり
老廃物をきちんと排出するようになって

痩せ体質 & 健康な体

に近づくという事になります。

普段何気なく入っているお風呂ですが
ダイエットにもつながるし、
むくみも解消されて美容にも効果的という
素晴らしい効果を持っているのです。

 

入浴での消費カロリー

入浴でカロリー使う
そもそも
お風呂に入るだけでカロリーを消費するのか?
と疑問に思ってしまいますよね。

一体どれほどカロリー消費しているのか?
を求める計算式がありました。

通常の入浴での消費カロリーを知りたい場合は
こんな計算式がありました。

体重(kg)×0.0606(kcal)×時間(分)×補正係数=消費カロリー

補正係数

男性 20~29歳 1.00
   30~39歳 0.96
   40~49歳 0.94

女性 20~29歳 0.95
   30~39歳 0.87
   40~49歳 0.85

となっています。

性別や年齢によって
補正係数は変わってきますので
気を付けてください。

計算式の例を一つ紹介します。

体重が55kg、35歳の女性が
30分の入浴をした場合には

体重(kg)×0.0606(kcal)×時間(分)×補正係数=消費カロリー               ↓
の計算式に当てはめて

55(kg)×0.0606(kcal)×30(分)×0.87 = 86.9913kcal
となります。

あくまで計算結果は目安ですので
「これくらいなんだな~」
程度で軽く受け止めておきましょう。

そして計算をしたら
案外消費していないことに気が付くと思います。

「カロリー消費しないとダイエットにならないのでは?」
と心配になってしまうかもしれませんね。

通常の入浴ですと
消費カロリーは少ないですが、

高温反復入浴法
と呼ばれる方法で入浴をすると

通常よりも多くのカロリーを消費できるんです。

入浴ダイエットは
通常の入浴ではなくて
高温反復入浴法の事を指しています。

具体的な方法は最後に記述しています。

 

温度で消費量は変わる?

お風呂とカロリー

温度が高い方が汗もかくし
消費カロリーも高いのか?

これは正しいと言われています。

その理由として
温度が高いお湯に浸かっている時は
酸素などを多く消費するために
消費カロリーが高いと言われています。

ですが、
消費カロリーを高めるためといって
とても熱いお風呂に入るのは危険ですので
やめてくださいね。 (そもそも入れないですよね・・・笑)

ダイエットは身体に大きな負担をかけて行うと
長続きができないので
効果が表れにくいばかりでなく、
リバンドの可能性もありますのでご注意ください。

ダイエットの時に大切になってくるのは
長期的に考えることだと個人的には思います。

 

効果的な入浴法

効果的な入浴方法

入浴ダイエットの効果を
最大限に引き出す方法があるのです。

その方法とはズバリ!”温冷浴”です。

反復浴とも言われるこの方法を説明していきます。

まず、
用意するのは少し熱めのお湯。
自分が熱いと感じるほどでOKです。
(大体39~42℃)

そこに3~5分ほど入り
上がって数分休憩します。

休憩している間に
ストレッチやシャワーで冷水を浴びるのもおすすめです。

そして、
またお湯に3~5分ほど入る・・・

を繰り返します。

回数は自分の体調や体力に合わせてください。

一般的には5回ほど繰り返すと良い
と言われています。

休憩中に冷水を浴びると
体が冷えてしまって
効果がなくなってしまうのではないのか?

と心配になっている方も
いらっしゃると思います。

確かに冷やすだけだと
代謝が悪くなってしまいます。

ですが、
冷やした後に再び体を温めると
血管が拡張されて血流が更に良くなるのです。

アスリートも温冷浴を行って
血流を良くして疲労を素早くとっていますので、
その効果は確かなものだと思います。

ちなみにこの入浴法を行うと
約20分間のジョギングと同等の消費カロリー
になると言われています。

それほどまでに消費カロリーが増えます。

しかし、
その分体への負担も大きいですので、
この入浴法を行うときは必ず、
水分補給をしっかりと行ってから、
そして、少しでも体調に異変を感じたらやめてくださいね!

入浴だけで
ジョギングと同等の消費カロリー
とは言われていますが
ジョギングと同等の効果が得られるわけではありませんので
そのへんは誤解なさらないように・・・。

 

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)