悪性リンパ腫って完治する?余命○年言われる?再発する可能性は?

余命○年って言われることが
悪性リンパ種ではあるのでしょうか?

そもそも悪性リンパ種というのは
どういったものなのか気になっています。

治療しても再発の恐れがあるのか
など気になっていますので、
色々と調べてみたいと思います。

SPONSORED LINK

悪性リンパ腫とは?

悪性リンパ腫
悪性リンパ腫というのは、
いわゆる「がん」のことを指します。

【悪性リンパ腫】

リンパ節やリンパ組織に発生する
血液のがんのことを言いますが、
リンパ以外の身体の部位についても
悪影響を及ぼします。

この悪性リンパ腫は、
リンパ節が大きく腫れることがほとんどです。

また、
この悪性リンパ腫という呼び名ですが、
特定のものを指しているわけではなく、
リンパに関連したがんの総称
ということになります。

 

完治するのか?

悪性リンパ腫完治
悪性リンパ腫についてですが、
基本的に完治という表現は使いません。

これはリンパが身体中を巡っており、
悪性リンパ腫が見つかった箇所で
処置出来たとしても、
完全に消えたかどうかは分からないためです。

そのため完治したかどうか
ということを判断することは出来ません。

もちろん治療を行った結果、
再発がずっと見られない場合は
完治したと言えることが出来ますが、
あくまで結果論ということになります。 

 

余命宣告されるのか?

悪性リンパ腫余命
悪性リンパ腫ですが、
その進行具合によっては
余命宣告されることがあります。

リンパを通じて、
全身に広がっている場合、
治療することが出来ないからです。

この辺りの判断については
病院によるところが大きいですが、

衰弱してしまい、
強い抗がん剤を打つことも出来ないなどの場合は、
余命宣告され、
残った時間を家族と過ごして下さい
ということも少なくありません。

ただし、
これはあくまで手の施しようがない場合であり、
悪性リンパ腫が見つかったからと言って、
必ず余命宣告されるわけではありません。

見つかった後にしっかりと治療を行い、
元気に過ごしている方もいますので、
悪性リンパ腫だからと言って、
何もすぐに諦める必要はまったくないのです。

 

再発する確率は?

悪性リンパ腫の再発する確率ですが、
非常に高いと言われています。

これはリンパを通って
転移しやすいことも関係していますが、
再発する方のほとんどが
2年以内に再発しています。

ただし、
3年程度経過した後でも
再発が見つからない場合は、
ほとんど再発は見られないとも言うことが出来ます。

細かい再発の確率については、
悪性リンパ腫によって様々ではありますが、
全般的に高いというのは間違いありません。

関連記事:「悪性リンパ腫には進行具合のステージがある」

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)