悪性リンパ腫のステージって?原因と症状と治療期間は?

悪性リンパ腫には
進行具合によってステージが定められています。

このステージっていうのは
どういったものになるのでしょう?

悪性リンパ腫の
原因や症状、 治療方法や期間などについて
調べたものを紹介したいと思います。

SPONSORED LINK

悪性リンパ腫のステージとは?

悪性リンパ腫
悪性リンパ腫には
ステージというものがあります。

このステージというのは、
いわゆる進行具合を示すもので、
悪性リンパ腫の進行具合によって
ステージの呼び方が変わります。

ステージは全部で1~4まであり、
数字が上にいけばいくほど、
悪性リンパ腫が進行しているということになります。

それぞれのステージでの目安は
下記のようになります。

ステージ1
がんが1箇所にとどまっている。

ステージ2
横隔膜を境界にして、
上半身か下半身の中で2か所異常に広がっている。

ステージ3
がんが横隔膜を境界に上にも下にも広がっている。

ステージ4
がんが身体中の至るところに広がっている。

ステージにはこのような基準があり、
それぞれの進行具合で区分けされています。 

 

悪性リンパ腫の原因とは?

悪性リンパ腫の原因
悪性リンパ種の原因というのは、
今の進んだ医療技術でも
はっきりとは分かっていません。

いくつかの要因があるのではないか
と考えられています。

例えば、化学物質放射線
最近ではウイルス遺伝という考え方もあります。

原因がはっきりと特定出来ていない分、
対応が難しいということになりますが、
そのために定期的に健診を受けるなどして、
日々の管理というのが非常に大事なことになってきます。 

 

悪性リンパ腫の症状は?

悪性リンパ腫の症状
悪性リンパ腫の代表的な症状としては、
下記のようなものがあります。

 リンパ節の腫れ
 痛み
 発熱
 倦怠感

こういった症状が代表的なものであり、
特にリンパ節の腫れについては、
首や股の付け根などが多くなっています。

痛みについては、「ない」ことも多いために、
気付かずに進行してしまうケースが少なくありません。

それ以外の症状についても、
風邪の症状ではないか
と勘違いして放っておいてしまうこともあるのです。

普段の風邪の症状などと異なる場合は、
病院に診てもらうなどして、
日々の体調管理を行うことが大切ですね。 

 

治療や治療期間について

悪性リンパ腫の治療についてですが、
大きく三大療法というものがあります。

 ・外科療法
 ・放射線療法
 ・化学療法

これらが
悪性リンパ腫を治療する際の主な方法となります。

また、治療期間ですが、
治療方法や進行具合などによって様々です。

例えば、化学療法であれば、
1~2週間程度の周期を設定して治療を行い、
これを数回繰り返して行っていきます。

悪性リンパ腫の治療は
長期間にわたることが多く、
芸能人の方などでも
かなり長期間に渡って治療した方々も少なくありません。

【衝撃!高倉健 悪性リンパ腫だけじゃない・・・ 】

有名な芸能人の方々で
悪性リンパ腫を患った方々ですが、
人によって部位も様々であり、
いろんな影響が出ています。

ピーコさんなどは
常にメガネをかけていますが、
これは悪性リンパ腫の影響からだったわけです。

残念ながら亡くなってしまっている方もいますが、
その際はながらきに渡って治療していることもありました。

関連記事:「悪性リンパ腫って完治する?再発の可能性は?」

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)