イボ治療は木酢液が効果的!?どんな使い方?子供は痛い?しみる?

イボ治療に木酢液が効果的
だと聞きますが、
どういった使い方をするのでしょう?

子供にも効果があるのか、
そもそも使って大丈夫なんですかね?

また、
ツーンと、滲みて(しみて)痛いのか?
というのは
治療する上で大事なことだと思います。

このイボ治療に木酢液を使う方法について
調べてみたいと思います。

SPONSORED LINK

イボとは

イボというのは、
そもそも正式名称ではなくて俗称になります。

イボと言うと
皮膚が盛り上がって出来たできもの
のことをイメージするかと思いますが、
あの俗称がイボということになるのです。

というのも、
イボと言われるできものも、
原因は様々であり、
医学的な見地から見れば、
原因によって呼び方も変わってきます。

そのため
イボというのはあくまで俗称ということになるのです。

イボの中には悪性腫瘍のものまであるため、
安易に自己判断するのは禁物です。

出来るだけ病院で診察して、
正確な判断をして貰いましょう。 

 

イボに効く木酢液とは

イボの治療にたびたび用いられるのが
木酢液(もくさくえき)と呼ばれるものです。

日常生活の中では
あまりなじみがないものではないかと思いますが、
赤褐色の液体です。

木酢液は
木材を乾留した時に得られる液で、
どういった木材を使うか、
どういった条件で乾留を行うか
などによって得られる木酢液も変わってきます。

木酢液は元々は、
メタノールなどを製造されるために利用されていた液でした。

しかし、
近年はメタノールなどは合成で作られることが多く、
木酢液を使用されることはほとんどなくなっています。

その変わりではないですが、
農薬としての利用や、
民間療法などで用いられることが多いです。 

 

木酢液の使い方

イボに木酢液を使う際ですが、
まずは濃度を調整します。

売られている木酢液は
原液の場合がほとんどです。

原液で使っても問題ありませんが、
殺菌力も強いため、
痛みがある場合や
しみる場合は薄めて使っても構いません。

液を調整した後は、
コットンなどに含ませて患部に当てます。

この時、
テープ等で固定しておくと良いです。

30分程度固定したら剥がします。

木酢液は殺菌力が強いために、
あまり当てすぎると
痛みやしみるなどが出てくることもあります。

焦らず毎日、少しずつやるのがオススメです。

もし短い時間でも
痛みやしみるが出る場合は、
更に薄めてみて下さい。

これを2週間~1か月程度行うと、
イボが剥がれやすくなり、
簡単に取ることが出来るようになります。 

 

子供には効く?

木酢液ですが、
子供のイボにも効果的です。

ただし、
子供は大人よりも皮膚が弱いため、
濃度には十分に注意して上げて下さい。

痛みやしみるが出た場合は、
様子を見てあげると良いです。

また、
木酢液以外にもこういった治療方法もあります。

【2年間悩まされたイボを除去する方法】

こちらは
テープをイボに貼っておくだけで良い
というものになります。

効果については個人差がありますが、
木酢液が身体に合わない場合は、
治療方法の1つとしては良いかもしれません。

様々な方法がありますので、
子供の体調に合わせて、選択したいですね。

関連記事:「え!?消しゴムでいぼを治せる!?」

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)