スキルス性胃がんの症状と原因。検査と治療で完治させる!

スキルス性胃がんは
がんの中でも恐ろしいがんになります。

その症状や原因というものは
どういったものになるのでしょうか?

また、
スキルス性胃がんになった場合、
検査や治療はどういったものになるのか?

がんとなると
完治するかも気になりますよね。

SPONSORED LINK

スキルス性胃がんの症状

スキルス性胃がんというのは、
胃がんの中でもやっかいながんです。

まずは、
特徴を紹介したこちらの動画をご覧ください。

【スキルス胃がんとは?】

何と言っても、
通常の胃がんに比べて、
発見しにくいというのがやっかいな特徴で、
見つかった時には
手遅れというケースも少なくありません。

これは粘膜に異常が出にくく、
粘膜の下で症状が進行するためです。

スキルス胃がんにかかった場合、
症状としては下記のようなものがあります。

 ・胸やけ
 ・消化不良
 ・胃痛
 ・嘔吐
 ・みぞおちが重い
 ・タール便
 ・吐血

スキルス胃がんの症状としては
こういったものがあげられますが、
その多くは、
日常的に他の症状として見られるものとなっています。

胃がん検査でも発見しにくく、
症状でも分かりにくいため、
スキルス胃がんは
見つけにくいがんとなってしまっているのです。

 

スキルス性胃がんの原因は?

スキルス性胃がんの原因ですが、
通常の胃がんとは異なっています。

通常の胃がんは
タバコなどが主な原因となります。

それに対して、
スキルス胃がんの原因は、
遺伝子異常によるものだ
と言われています。

具体的には
カドヘリンの遺伝子に異常が見られる場合、
スキルス胃がんを発症する確率が高いということです。

しかしながら、
その因果関係は
はっきりと断言出来るまでに至っておらず、
スキルス性胃がんの原因はコレ!
というのは現時点では分かっていません。

 

スキルス性胃がんの検査と治療

By: yamauchi

スキルス性胃がんの検査を行う際に、
多く用いられる方法は、
バリウム検査内視鏡によるものです。

しかし、
これらの方法では
見逃してしまうことも多く、
あまり信頼性が高くありません。

その変わりとして
上部消化管内視鏡という方法が用いられるようになっており、
多くの検査機関で採用されています。

スキルス性胃がんだと分かれば
治療を行うことになりますが、
その治療は大きく3つに分かれます。

 ・手術
 ・投薬
 ・放射線治療

早期発見であれば、
手術による切除が可能ですが、
発見した段階で転移している場合、
投薬や放射線治療になります。

また、治療については、
どれが1つだけではなく、
複数の方法が用いられるケースが多くなっています。

 

完治するのか?

By: yamauchi

スキルス性胃がんは、
完治することは可能ですが、
なかなか難しいのが実情です。

それは
発見がどうしても遅れてしまうケースが多く、
気付いた時には
転移していることが多いためです。

早期発見することが出来れば、
完治することは可能ですが、
見つけにくいため、
いかに早期発見出来るかが
完治するための重要なポイントになります。

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)