舌苔の取り方。取れないと病気?口臭も悪くなる…

気になる口臭の
原因となるのが舌苔です。

これが付き過ぎている場合は、
取らないといけないと思いますが、
取り方はどうしたら良いのでしょう?

また、
取れない場合は病気なのですかね。

口臭が防ぎたいし、
舌苔について調べてみます。

SPONSORED LINK

舌苔とは

舌苔
舌苔(ぜったい)は、
口臭の原因だというのは有名ですが、
そもそも何なのか気になる人もいると思います。

舌苔は
舌の表面についた食べカスなどになります。

この舌苔がついていると
舌が白っぽくなりますが、
多い場合は、
それだけ多くの食べカスなどが付着しているということです。

ただし、舌の働き上、
どうしても舌苔は付着するもので、
ある程度の場合は
正常に働いているということなので問題ありません。

また、この舌苔が黄色や黒の場合は、
喫煙が多いことが原因であったり、
風邪の症状を示しています。

色が気になる方は一度、
お医者さんに診てもらいましょう。

 

舌苔の取り方は?

舌苔は歯ブラシ駄目
気になる舌苔の取り方ですが、
間違った方法でやってしまうと
症状を悪化させてしまいます。

そして、
よくある間違った方法が、
歯ブラシでゴシゴシやってしまうことです。

これにより
舌の表面を傷つけてしまう
ことになるので、
逆効果となります。

こする場合は、
舌専用のブラシを用いて行います。

また、
特定の食べ物を食べることでも解消出来ます。

【舌苔の取り方(口臭予防)】

動画にあるように、
パイナップルやキウイをいった
酵素がたくさん含まれた食品を食べることでも
舌苔は解消出来ます。

あまり食べ過ぎると
舌がヒリヒリしますが、
大きな問題ではないので大丈夫です。

ただ、一気に食べるのではなく、
定期的に食べて、
定期的なケアとしたいですね。

 

取れないと…病気?

舌苔が取れないということで、
病気ではないかと心配になる方もいますが、
基本的には大きな心配はいりません。

根気良く続けること、
また目指すところが綺麗過ぎる人も少なくありません。

取り過ぎも良くありませんので、
ある程度、綺麗になったらOK
とすることが何よりも大切です。

くれぐれも取れないからといって
強くやってはNGです。

どうしても心配な方は
歯科医などを訪れてみると良いでしょう。

自分一人で解消するのではなく、
専門医の話を聞いてから判断するのが大切です。

 

口臭と舌苔

ある程度は必要でありながら、
その一方で口臭の原因になる舌苔。

口臭予防として、
舌苔のケアは非常に大事です。

舌苔が付着する原因として、
口呼吸であることや、
唾液が少ないことなどが上げられますが、
そういった原因を解消することのほうが大切です。

口臭は気になるものですが、
舌苔だけに執着するのではなく、
その原因を解消することが
口臭以外のリスクについての解消にも繋がります。

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)