噴火警戒レベル4って噴火の可能性はどれぐらい?観測火山は?

「噴火警戒レベル4」
って聞きますけど、

噴火するのでしょうか?

こういった警戒レベルについては
詳しく把握しておいたほうが良いですよね。

4ってかなり高いと思いますけど、
実際に発表されてますしね。

この噴火警戒レベル4について調べてみます。

SPONSORED LINK

噴火警戒レベルとは

噴火警戒レベルというのは、
火山活動に対して、
状況に応じた活動を取れるようにするために
発表される指標となります。

この噴火警戒レベルというのは、
全部で5段階あります。

1~5までとなり、
数字が上がれば上がるほど危険だということです。

気象庁の発表となりますが、
火山活動の状況に応じて警戒が必要な範囲が示され、
それに応じて、
地域では入山規制であったり、
避難勧告というものが出されます。

日本には数多くの活火山がありますが、
それぞれに
この噴火警戒レベルが発表される可能性があるため、
活火山がある地域でも
避難についての準備がなされているのです。

 

レベル4噴火の可能性

By: yuko

噴火警戒レベル4ですが、
レベル4は噴火の可能性は非常に高い
と言えます。

先ほどの説明で、
全部で5段階と説明しましたので、
4がいかに高いかというのが分かります。

このレベル4ですが、
それほど多く見かけるわけではありませんが、
実際にレベル4の
噴火警戒レベルが出されたこともあります。

【桜島が噴火警戒レベル4に引き上げ】

この動画は
桜島に噴火警戒レベル4が出された時の映像です。

桜島の側には原発もあるため、
噴火した際の原発への影響も懸念されていますが、
このように
レベル4というのは設定上の数字ではなく、
実際に出される数字なのです。

この時の発表では、
本当に浅いところまでマグマが来ており、
かつての噴火のように
噴石が飛ぶ可能性があるとまで
コメントが発表されました。

 

噴火の可能性のある場所

噴火の可能性
火山防災のために、
常時観測されている火山としては
全部で47あります。

それらのいくつかを紹介すると、
下記のようなものがあります。

雌阿寒岳(北海道)
十勝岳(北海道)
秋田焼山(秋田県)
岩手山(岩手県)
秋田駒ケ岳(秋田県)
安達太良山(福島県)
磐梯山(福島県)
那須岳(福島県・栃木県)
浅間山(群馬県・長野県)
御嶽山(長野県・岐阜県)
富士山(山梨県・静岡県)
箱根山(神奈川県・静岡県)
三宅島(東京都)
阿蘇山(熊本県)
雲仙岳(長崎県)
桜島(鹿児島県)

こういった山々が
常時観測の対象となっています。

日本全国、様々なところにありますので、

お住まいの地域に対象の火山がないか?

ある場合は、
万が一の際の避難について知っておくと良いと思います。

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)