妊娠線って消えるの?予防いつから始める?クリームorオイル

妊娠・出産の際に出来る妊娠線、
これって消えるのでしょうか?

消えないとなると
「予防」が必要ですが、
予防はいつからが良いのでしょう?

クリームやオイルもあるので、
何が良いかも迷っています。

SPONSORED LINK

妊娠線とは

妊娠中
個人差はあるものの、
妊娠の際に出来てしまうのが妊娠線です。

赤ちゃんが育つに併せてお腹が大きくなりますが、

大きくなるのにお腹の皮下組織などがついていけずに
ひび割れのようなものを起こしてしまいます。

こういった感じになります。

『【閲覧注意】産後のお腹の妊娠線・肉割れ 』

妊娠線が出来てしまっている症状
を紹介した動画ですが、
お腹にひび割れのような模様が入っているのが
よく分かると思います。

動画では赤い妊娠線が多く見られますが、
これが時間と共に白っぽくなっていきます。

妊娠線が出来るかどうかは人それぞれですが、
出来ないようにするため、
ケアが非常に大事になってきます。

 

妊娠線の原因は?

妊娠線
妊娠線が出来る原因は、
お腹が大きくなるのに組織がついてこれない
ことにあります。

皮膚は
表面の表皮と真皮、皮下組織から成り立っています。

表皮については伸びるので問題がありませんが、
皮下組織は伸びにくくなっています。

それでもお腹が大きくなっていくため、
最後には亀裂が入ってしまいます。

これが妊娠線になってしまうのです。

 

妊娠線は消えるのか?

一度、出来てしまった妊娠線を消すことは
出来ません。

それが出産の証だ
と思って愛おしく感じるのであれば
それほど大きな問題ではないかもしれません。

しかし、
出来ればないほうが良い
と考えているのであれば、
妊娠線は消えませんので、
出来ないようにしっかりと対策することです。

対策をすれば
妊娠線が出来るのを抑えることが出来ます。

つわりなどで手間だと感じても、
消えないことをしっかりと把握して、
出来るだけケアしてあげましょう。

 

予防はいつから始めれば?

妊娠線の予防ですが、
妊娠初期から始めるのが良いです。

妊娠線が出来やすいのが、
妊娠初期以降
つわりが終わったタイミング
と言われています。

そこで、
妊娠初期のころからしっかりとケアしてあげましょう。

そうして上げることで、
ケアが癖になりますので、
妊娠中もずっと続けることが出来ます。

 

クリームが良い?それともオイルが?

妊娠線の予防に使われるのが
クリームやオイルです。

この2つが定番のアイテムだと思いますが、
どちらが優れているのか?

これははっきりとは言えません。

どちらもそれぞれに効果があり、
人によって使用感が異なるからです。

特長としては、
オイルは匂いなどがあるものが多いですが、
真皮まで浸透しやすいと言われています。

一方で
クリームは水分を多く含んでおり
保湿効果も期待出来ます。

高いから良いというわけでもありませんので、
クリームやオイル、楽しむつもりで様々、試してみて、
自分にピッタリ合うものを選ぶと良いでしょう。

 

↑上記商品は楽天でのレビューが断トツに多いです!

 
 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)