敏感肌用のオススメ日焼け止めはコレ!顔と体で使い分ける?

敏感肌にとって
夏の日差しは大敵です。

でも、
日焼け止め、
肌に刺激が強すぎるのは使えないから
困りもの…。

そんな敏感肌にオススメの
日焼け止めというのはどういったものでしょうか?

また、
顔と体で使い分けたほうが良いのですかね?

SPONSORED LINK

敏感肌の日焼け

敏感肌
日焼けというのは、
そもそも火傷のことだと認識している人は少ないようです。

ただ、火傷と言っても、
よくある火傷のようにただれたり、
水ぶくれが出来たりということは
ほとんどありません。

赤くなったり、
黒くなったりする程度で、
この黒くなるのが良いということで、
夏に海などで日光浴する方もいます。

しかし、
これが敏感肌の方となると話は別です。

敏感肌の方が日焼けをすると、
激しいほてりや肌荒れを起こす可能性があります。

そして、
それが肌トラブルへと繋がり、
免疫系にも影響を及ぼす可能性すらあるのです。

そのため、
敏感肌の方の日焼けは安易に考えてはいけないのです。

 

敏感肌用のおすすめ日焼け止め

敏感肌の方の日焼けの危険性について説明しましたが、
そんなリスクを回避してくれるのが日焼け止めです。

日焼け止めを塗ることによって
日光の影響を抑えてくれるのです。

しかし、
ここでまた新たな問題が発生します。

今度は
日焼け止めに肌が負けてしまう
という問題です。

実際、
日焼け止めには様々な成分が配合されていますが、
その中でも
日差しを止めるためのものに負けてしまうのです。

通常、
日焼け止めでは
それらをSPFという数値で表しますが、
あまり高いものは避けたほうが良いです。

【日焼け止め 顔 敏感肌が使うならSPF○○まで】

動画では
敏感肌の方が
どれくらいのSPFであれば問題ないか解説しています。

動画では30と言っていますが、
おおよそこれぐらいが目安です。

人によって差はありますが、
使ってみて
肌が荒れるようであれば、
それは「SPFが高すぎる」
ということになります。

それを受けて、
敏感肌用のおすすめ日焼け止めはどういったものになるのか?

下記のようなものがあります。

ノブUVシールドEX

POLA ホワイティシモ UVブロック ミルキーフルイド


アクセーヌ マイルドサンシールド

 

これらの日焼け止めは
どれも低刺激タイプのものです。

アクセーヌのものについては、
敏感肌用に作られていますので、
肌に合う日焼け止めがなくて困っている方は
試してみると良いんじゃないでしょうか。

 

顔用と体用で使い分けた方が良い??

日焼け止めには
顔用のものと体用のものがあります。

これをしっかりと使い分けたほうが良いです。

体用のものは、
顔用のものと比べて刺激が強くなっています。

そのために顔に使えば、
肌荒れなどを起こしてしまう可能性があります。

また、顔用のものは、
化粧する上で下地に使えるものも多くなっています。

体用のものを顔に使って、
その上から化粧なんていうことは、
例え敏感肌でなかったとしても避けたほうが良いです。

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)