不妊治療の費用いくら?医療費控除ある?助成金と保険について

不妊治療の費用というのは
高いイメージ
がありますが、
いくらぐらいかかるのでしょうか?

医療費控除などで
少しでも返ってくれば良いのですが・・・

助成金と保険適用などについても調べてみます。

SPONSORED LINK

不妊治療って?その種類は?

妊娠中
不妊治療というのは、
不妊症の方に行う治療のことです。

多くの方が実践しており、
不妊治療の末、
子供を授かっている方もたくさんいます。

芸能界でも不妊治療をしている方は多いようです。

【不妊治療を経験している芸能人】

テレビなどで公表している方も少なくありませんので、
よく知っているという方も多いと思います。

山本モナさんなども
不妊治療していたというのは、
まったく知らずビックリしました。

どこかで公表とかしてたかな・・・

そして、
この不妊治療ですが、種類も様々です。

 ・タイミング法
 ・ホルモン療法
 ・人工授精
 ・体外受精

一例をあげただけでも
これだけの方法があります。

それぞれメリット・デメリットがあり、
費用も様々であるため、
自分に適した不妊治療法を選択することが大切です。

 

不妊治療の費用

不妊治療
不妊治療を行う上で
気になるのが費用ではないかと思います。

不妊治療を行いたいけれども、
それほど費用はかけられないというケースも
あるのではないでしょうか。

では、
どれぐらいかかるかというと、
目安は下記のようになります。

 ・タイミング法:2,000~200,000円
 ・ホルモン療法:2,000~200,000円
 ・人工授精:10,000~50,000円
 ・体外受精:200,000~700,000円

このように費用と言っても、
それぞれに大きな開きがあります。

これは病院だったり、
症状などによって差があるためです。

提示された金額が全てだと思わず、
納得いかないのであれば、
違う病院に相談するというのも
1つの手段かもしれません。

 

医療費控除ある?

不妊治療の費用
医療費が10万円を越えた場合に使えるのが
医療費控除の制度です。

これは申請することによって、
住民税が安くなりますが、
不妊治療においても、
この医療費控除の制度を利用することが出来ます。

特に高額な治療費になりやすい不妊治療では、
この医療費控除を申請するかどうかというのは、
費用の負担に大きく関わってきますので、
しっかりと覚えておきましょう。

 

助成金は?

不妊治療の助成金
不妊治療において、
助成金の制度が利用出来るケースもあります。

ただし、
全ての治療法に利用することが出来るわけではありません。

助成金が利用できるのは、
体外受精と
顕微授精を行った方
が対象になります。

ただし、
支給回数など条件については、
市町村によって差があります。

自分の住んでいる市町村が
どういった条件になっているのか?

この点については、
市町村に実際に尋ねてみて下さい。

 

保険について

不妊治療は、
多くが保険の適用が出来ません。

特に治療が進めば進むほど
適用が出来ない
と考えても問題ないでしょう。

これは不妊症というのは、
病気ではないからです。

何か異常が見つかった場合、
異常を見つけるための診断の場合は、
保険の適用が可能となりますが、
それ以外は保険が適用されないということになります。

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)