えごま油の効果効能は認知症に!?肌やうつに効く摂取量は?

えごま油は身体に良いとされていますが、
どういった効果効能があるのでしょう。

認知症などにも効くと言いますが、
本当ですかね。

また、
肌やうつに効くために必要な摂取量となると、
どの程度となるか気になってます。

SPONSORED LINK

えごま油とは

えごま油は
最近、有名ですよね。

様々な効能があるとして、
テレビなどでも紹介されていますが、
このえごま油を
ごま油だと思っている人も少なくありません。

えごま油というのは、
えごまの種から採取したもので、
えごまというのはシソ科の植物になります。

日本ではシソや大葉は有名ですが、
えごまも似たような葉を持っている植物なのです。

大きく話題になっているのは
最近になってからですが、
かねてより食用として使われており、
日本でも伝統的な食材となっています。

 

えごま油の主な効能

えごま油の効果
えごま油には様々な効能があります。

【えごま油すごい】

動画では
えごま油の様々な効能を紹介しています。

アルツハイマーから
お肌の美容まで
色々ありすぎて、
本当にこんなに効能が!?
って思ってしまうほどです。

ただ、実際にえごま油には、
健康や美容に関する効能があり、
それを支えているのが
α―リノレン酸です。

これは
体内では作り出すことが出来ない脂肪酸になりますが、
血液サラサラ効果や
肌の老化防止などの効果を得ることが出来ます。

このα―リノレン酸があるために、
えごま油の様々な効能を得ることが出来るのです。

女性であれば、
お肌が綺麗になる油は嬉しいのではないでしょうか。

同時に健康にもなれるのですから、
もう言うことなしですよね。

 

認知症やうつにも効果的

えごま油のパワー
えごま油には
様々な効能があることを紹介しましたが、
認知症やうつなどにも効果的です。

認知症は
脳の細胞が死んでいくことが発症しますが、
そこにえごま油を用いることによって、
脳の神経細胞に働きかけるのです。

そうすることで、
認知症の予防やうつの予防になります。

実際、
専門医の方で
えごま油をオススメしている方は多いそうです。

プロが認めるのですから、
やはり認知症やうつにも大変効果的なんだと思います。

 

摂取量はどのくらい?

えごま油摂取量
えごま油の魅力的な効能ですが、
それらの効果を得るためには
どれぐらい食べなければいけないのでしょうか?

ここで摂取量は1日1Lですなんて言われても、
無理ですよね。

ただ、安心して下さい。

えごま油の効能を得るために必要な摂取量は、
わずか1日で大さじ1杯になります。

たったの大さじ1杯で効能が得られるのであれば、
誰もがすぐに始めてみたい
と思うのではないでしょうか。

最近ではスーパーなどにもよく売られていますので、
まずは
ちょっとした料理に使うところから始めてみてはいかがでしょう。

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)