肝内胆管癌になる原因はお酒?ワインは危険?どんな症状が?

肝内胆管癌で
川島なお美さんが亡くなられたニュースは
衝撃だった人も多いと思います。

この肝内胆管癌というのは、
どういった癌になるのでしょう?

ワインなどのお酒が危険なのですかね?

また、
症状はどういったものとなるのか、
調べてみました。

SPONSORED LINK

肝内胆管癌とは

肝内胆管癌
肝内胆管癌というのは、
原発性肝がんの一種ですが、
あまり聞いたことがない人も多いかもしれません。

2015年9月、
女優の川島なお美さんがこの癌で亡くなられて、
初めて聞いたという人も多いのではないでしょうか。

癌との闘病生活はかなり大変だったようで、
最後にメディアに登場した時は、
体重が30キロ台とも言われていました。

【川島なお美 激やせ…体重30キロ台前半?】

動画は
川島なお美さんが
肝内胆管癌との闘病について説明されたものですが、
その痩せっぷりというのは相当なものです。

また、
動画の中でも説明されていますが、
この癌の生存率は
50%ともそれ以下
とも言われており、
かなり厳しい癌になるようです。

 

肝内胆管癌の原因

肝内胆管癌手術
肝内胆管癌の原因ですが、
お酒の1つの原因になりえます。

川島なお美さんも
大のワイン好きで知られていましたが、
そのワインの飲み過ぎで
肝内胆管癌になったのかもしれません。

また、
ワインなどのお酒以外にも、
脂肪肝なども原因となりえるので、
偏った食生活や無理なダイエットなどは要注意です。

痩せていても脂肪肝であるケースもありますので、
決して見た目からは安心出来ることはありません。

 

肝内胆管癌の症状は?

肝内胆管癌症状
癌の治療で大事なのは
早期発見になります。

そのため症状として早く出てくれれば良いのですが、
肝内胆管癌の場合、
進行がかなり進むまで症状としては表れません。

つまり、症状が表れた段階で、
癌としてはかなり進行しているということになります。

症状として出てくるのは・・・

 ・黄疸
 ・食欲不振
 ・体重減少
 ・発熱

これらの症状が見られます。

ただし、
他の病気が原因ではないかと考える場合も多く、
こういった判断が
さらに癌の発見を遅らせてしまう原因にもなっています。

 

治癒できる可能性は低い?

肝内胆管癌ですが、
治療出来る可能性はどうなのでしょうか?

先ほども説明しましたが、
癌の治療において大切なのは、
早期の発見になります。

つまり、
発見が早ければ早いほど治療出来る可能性は高くなります。

ただ、それでも
手術後の5年の生存率は30%程度
と言われていますので、
かなり低い数字だと言えるかと思います。

肝細胞癌は高確率で再発してしまうので、
どうしてもこういった数値になってしまうようです。

 
 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)