パニック障害を克服したい!仕事復帰して妊娠できる?

パニック障害というのは
克服することが出来るのでしょうか?

克服して仕事復帰したり、
妊娠したりというのが出来れば良いですよね。

パニック障害について
色々と調べてみましたので、紹介します。

SPONSORED LINK

パニック障害とは

パニック障害というのは、
突然、激しい動悸発汗ふるえなどの症状とともに、
強い不安感に襲われる病気になります。

次の動画をご覧ください。

【パニック障害とは?】

パニック障害について説明した動画になりますが、
先程紹介したような様々な症状が見られます。

他にも
めまい脈が早くなるといった症状もあるようです。

こういった発作は、
長く続くわけではなく、
20分~1時間程度で収まることがほとんどです。

ただし、また次の発作が来たり、
発作が来るのではないか
というような不安感に襲われ、
悪循環に陥ることがあります。

このパニック障害は、
身体への異常というのは見当たりません。

特に異常はないのに、
発作が起きるというものになります。

酷い場合ですと、
うつ病などを併発することもあり、
正常な社会生活というのが営めなくなることもありますので、
出来るだけ早い治療が必要となります。

 

克服させるには

パニック障害を克服させる方法としては、
様々な方法が考えられますが、
オススメの方法は運動することです。

特にウォーキングがオススメの方法になります。

ウォーキングなどの有酸素運動は、
パニック障害にも適しており、
また気持ち良く汗をかくことによって
不安な気分も解消されます。

そうやって脳をリラックスさせることによって、
パニック障害の改善を目指すわけです。

また、
ある程度の回復が見込めてきたら
仕事復帰することも大切です。

社会との繋がりを持つという意味では
仕事復帰することによって、
自分と社会との繋がりを
より実感することが出来ます。

この仕事復帰のタイミングとしては、
パニック障害の回復期ぐらいが良いでしょう。

これぐらいの時期になると、
ほぼ完治していますが、
日によって調子が悪くなる時もありますので、
その時は無理しないことが大切です。

仕事復帰したからと言って、
そこで無理をしてしまうことで、
再度、パニック障害になってしまっては元も子もないからです。

 

パニック障害でも妊娠できる?

パニック障害でも妊娠することは可能です。

ただし、
出産するのが難しい
と言われているのが現実です。

これはパニック障害の治療の際に、
常に薬を服用することとなり、
これが胎児へ影響を与えるのではないかと心配されているからです。

また、
妊娠中は様々な身体の変化などが起きるために、
色々な不安感というのもあります。

そういったものと上手く付き合いながら、
パニック障害とも付き合っていくというのは
大変な苦労が伴います。

ただし、
出産が必ず無理だというわけではなく、
出産している方も大勢いらっしゃいます。

大切なのは、
周りの協力を得ながら、
一歩ずつ前に進んでいくこと
ではないかと思います。

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)