みかんの美味しい食べ方!コツは剥き方?皮ごと栄養いっぱい

みかんの美味しい食べ方は
どこにあるのでしょうか?

やはり
コツは剥き方ではないかと思います。

他にも
温めたりというのも良いいんじゃないですかね。

また、
皮の栄養も気になっていますので、
これも調べてみます。

SPONSORED LINK

みかんを美味しく食べる方法

By: t-mizo

みかんを美味しく食べる方法というのは
様々あります。

例えば、剥き方だったり、
一手間加えたりと方法は色々です。

剥き方で言えば、
普通に剥く際もヘタからいくのか、
逆からいくのかで
人によって分かれるところだと思います。

この剥き方ですが、
ヘタのほうから剥く剥き方だと、
白いスジがよく取れます。

そのため、スジを気にする人は、
ヘタのほうから剥く剥き方が、
美味しく食べる方法ということになります。

少しでも早く食べたいんだ!
という方にオススメなのは、和歌山剥きです。

これは皮ごと4等分にする方法ですが、
この方法だと早く剥けるので、
他の剥き方よりも早く食べることが出来ます。

ちなみに、剥き方で言えば、
こういった剥き方もあります。

【この冬にチャレンジ!みかんの皮アートまとめ 】

みかんを食べると言うよりも、
いかに皮を綺麗に剥くか
という話になってきてますが、
まさに芸術と言えるのではないかと思います。

中には本当に1つのみかんの皮から
こういったものが出来るのかと、
疑ってしまいたくなるようなものもありますよね。

 

皮の栄養は?

みかんを食べる時、
多くは皮を剥いて、
中だけを食べるのではないかと思います。

しかし、この捨ててしまう皮ですが、
栄養が豊富なのです。

案外知られていませんが、
ポリフェノールなどがたくさん含まれており、
そのまま捨ててしまうには
もったいないものとなります。

では、
この皮をどのように使えば良いかというと・・・

 ・皮をよく洗う
 ・天日干しする
 ・細かく刻む
 ・お湯を注いで飲んだり、調味料として使ったり

これで皮に含まれる栄養分を
摂取することが出来ます。

ちなみに、
よく洗って天日干ししたものは、
陳皮として売られています。

実は知らずに使っている人もいるかもしれません。

他には、皮をそのまま食べるという人もいます。

ただし、この方法は手間こそ少ないですが、
内臓が弱い方だとやられてしまう可能性があるので、
注意が必要です。

心配な方は
上に紹介したやり方で
栄養を摂取するのが間違いないでしょう。

他には
お風呂に入れる
という使い方もあります。

お風呂入れることで成分が溶け出し、
血行改善の効果が得られるのです。

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)