冬至にかぼちゃを食べる理由って?どんな由来で?小豆は?

冬至にかぼちゃを食べる理由
っていうのはどこにあるのでしょう?

冬に食べられることが多いかぼちゃですが、
特に冬至に食べられますよね。

これってどんな由来があるのでしょう?

また、小豆も食べますが、
これもかぼちゃと同じ理由?

SPONSORED LINK

冬至とは

By: ptrktn

1年の中で
最も日照時間が短い日のこと
を冬至と言います。

要はお昼の時間が一番短く、
夜の時間が一番長い日ということです。

そうは言っても、
冬はそもそも日が短いので、
体感的に今日が冬至だと感じる人っていうのは
ほとんどいないのではないかと思います。

逆に
昼が一番長い日というのが
夏至になります。

こういった昼夜の長さが変わるというのは、
地球と太陽の位置関係や
地球の自転している角度に関係しています。

 

かぼちゃを食べる理由と由来

冬至に行う文化というのは
様々あるかと思います。

例えば、
冬至には柚子湯に入る
なんていうのもその1つです。

そういった冬至に行う文化として、
かぼちゃを食べるというものがあります。

しかし、
どうしてかぼちゃを食べるのでしょう?

その理由と由来は、
かつての日本は冬至の頃となると、
野菜の収穫が終わり、
食べられる野菜というのはかなり少なくなっていました。

そんな中でかぼちゃというのは、
栄養が豊富で、冬を乗り越えるためには
ぴったりの野菜でした。

そのため、
冬至には冬を乗り越えるために、
かぼちゃを食べる習慣となったのです。

それが今でも
冬至にかぼちゃが食べられる由来であり、
栄養豊富であることから、
風邪予防などの理由で食べられています。

 

小豆の由来

冬至に
かぼちゃを食べる由来については説明しましたが、
同様に小豆も食べられます。

特に小豆粥として
冬至の朝に食べられることが多くなっています。

これは、
小豆粥には疫病にかからない
という伝承があるためで、
それが今でも伝承として残っており、
冬至に小豆が食べられています。

小豆粥というケースは多くないですが
かぼちゃと一緒に煮て、
食べる食べ方などもあります。

 

冬至に美味しいかぼちゃの食べ方

冬至に食べるかぼちゃですが、
美味しい食べ方は様々あります。

その中の1つが「いとこ煮」になります。

【かぼちゃのいとこ煮】

動画はかぼちゃのいとこ煮の作り方で、
かぼちゃとゆで小豆を
甘く煮付けて食べる料理です。

かぼちゃの上に
とろみのついた小豆をかけますが、
何とも冬にぴったりなおいしそうな料理ですよね。

他にも家庭ごとに様々な食べ方がありますが、
やはり
かぼちゃを煮て食べる食べ方が多いのではないのかなと思います。

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)