スタッドレスタイヤの寿命!走行距離どのくらいで溝少なくなる?

スタッドレスタイヤの寿命って
どのくらいなんでしょう?

タイヤの寿命って
よく分からないのですよね…。

走行距離で溝がどれくらいなくなるか
という目安があれば良いのに・・・

ちょっと調べてみますね。

SPONSORED LINK

スタッドレスタイヤとは

スタッドレスタイヤというのは、
冬の雪道などで性能を発揮するタイヤです。

雪が降る地域では、
冬は必須のタイヤとなっていますが、
そもそも冬に必須のタイヤとしては
スパイクタイヤがありました。

スタッドレスタイヤは、
このスパイクタイヤに変わるもので、
スパイクにあったスタッドがないために、
スタッドレスタイヤと呼ばれます。

凍った道や雪道では、
夏タイヤと比べて、
まったく制動距離などが異なりますが、

スタッドレスタイヤの中でも、
その性能には差があります。

【スタッドレスタイヤ性能比較】

動画はタイヤの違いによって、
制動距離やカーブの際のふくらみ方などを検証したものです。

タイヤによって
いかに異なるかが分かると思います。

 

スタッドレスタイヤの寿命

By: Laineema

スタッドレスタイヤが
その性能を発揮するためには、
しっかりと寿命を考えてあげなければなりません。

タイヤは消耗品ですから、
永遠には使えないのです。

スタッドレスタイヤの寿命ですが、
主に溝で判断します。

タイヤは走行距離がかさむと、
溝が減ってきます。

この溝が新品の時と比べて、
半分程度となると、
その性能が大きく低下することとなります。

ちなみに、溝については、
プラットフォームが設けてあるので、
その部分で確認すると良いです。

シーズンの始めなどには、
こまめに溝の確認を行い、
寿命は把握しておくほうが良いでしょう。

ちなみに、距離にしては、
2万キロ程度だと言われています。

年数にして、3~5年です。

これぐらいの距離、
及び年数が経過した後は、
溝があったとしても変えたほうが良い
とされています。

溝以外にも
ゴムの硬さなども性能に大きく影響しますので、
不安な時は専門家に聞いてみると良いですね。

 

寿命を長くさせる方法

By: yamauchi

せっかく購入したスタッドレスタイヤなら、
出来るだけ寿命を長くしたいと思う人は多いはずです。

スタッドレスタイヤの寿命を長くさせる方法としては、
乾燥した道路で
急発進や急ブレーキを行わないようにすることです。

これらの運転をすると、
スタッドレスタイヤを傷めてしまうことになります。

元々、
雪道などを走るように設計されているため、
乾燥路にはそれほど強くありません。

その上で乱暴な運転をしてしまうと、
寿命が縮まってしまいます。

寿命を長くさせたいのであれば、
出来るだけ丁寧な運転を心がけましょう。

 
↓タイヤの劣化を防ぐ商品もあります↓

 
タイヤって意外と大事です…
 
 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)