健康診断の前日の食事は水分どのくらいでOK?その理由とは?

健康診断の前日は
食事に気をつけないといけませんよね。

水分などはどのくらいまでならOKなのでしょうか?

また、そこにはどんな理由があるのでしょう?

そのあたり調べてみたいと思います。

SPONSORED LINK

健康診断の前日

健康診断の前日というのは、
色々と注意しなければならないことがあります。

例えば、
次の日に疲れを残さないことであったり、
食事は遅い時間まで食べないことであったり、
お酒を飲まないことであったりします。

こういった形で
健康診断の前日に
あれこれと制限がかかることが多いのは、
健康診断で出る結果っていうのを
より正しい結果にするためです。

どうしても、
食事や疲れなどの
外的要因が増えれば増えるほど、
健康診断の結果っていうのは
実態からズレることになります。

そうなってしまえば、
本当に身体が良いのか悪いのかっていうのは分かりません。

そうなっては、
そもそもの健康診断の意味がなくなってしまうので、
健康診断の前日っていうのは、
色々と制限がかかることが多いのです。

 

前日の食事メニュー

健康診断の前日の食事メニューですが、
時間さえ守れば、
それほど厳しい制限はありません。

ただ、
遅くまでアルコールを飲んでいたり、
大量に食べたりというのは、
止めたほうが無難です。

身体に優しい食事に抑えておく
というのが理想です。

また、
検査によっては「避けたほうが良いもの」もあります。

例えば、
カフェインや糖分が含まれているコーヒーやジュースなどは、
摂取しないほうが良いケースが多々あります。

あれこれ考えるぐらいであれば、
前日の食事メニューとしては、
水やお茶ぐらいに留めておくと良いでしょう。

 

水分量はどのくらい摂取?

前日の食事に制限がかかりますが、
水分量はどうでしょうか?

水分量については、
基本的にはそれほど厳しくありません。

ただ、当日の数時間前からは
一切、口にしないで
という指定がされるケースがあります。

そういった場合は、
それをしっかり守れば大丈夫です。

また、そういった指示が出ていたとしても、
熱中症などで倒れる恐れがありますので、
喉が渇いた場合は、
少しぐらいなら飲んでも構いません。

あまりにも飲まないと
血がドロドロになってしまったりするケースがあります。

次の動画をご覧ください。

【健康診断血液サラサラ検査画像】

これは
血液のサラサラ具合を試験した様子ですが、
血がドロドロだと
通り抜けるのに非常に時間がかかります。

そういったことにならないように、
最低限の水分は補給したいところです。

 

制限があるその理由とは?

食事や水分量に制限があるのは、
既に説明した通り、
正しい結果を得るためです。

例えば、バリウム試験などは、
前日から一切の飲食が禁じられることが多いです。

これは
胃の粘膜の凹凸を見る過程で、
食事をしてしまうと、
その凹凸に食事のカスが残り、
病気を発見しにくいためです。

このようにそれぞれの試験において、
様々な制約があるため、
指示については
無理のない範囲で出来るだけ守るほうが賢明です。

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)