肩こりに生理食塩水の注射が効く!!筋膜の凝りを取る病院は?

肩こりには
生理食塩水の注射が効くみたい。

これってどういった原理で
効果的なのでしょうか?

ただ、
多くの人が悩まされている肩こりが
解消されるのであれば嬉しいですよね。

筋膜の凝りを取ってくれる病院も
調べてみました。

SPONSORED LINK

肩こりの原因、筋膜について

By: Seika

日本人の多くの人が悩まされている、「肩こり」

今やすっかり国民病とも言えるものですが、
この肩こりについては
様々なことが言われています。

特に今まではマッサージなどを行い、
筋肉をもみほぐすことによって、
解消されると言われてきました。

そのため休みの日となると
マッサージに通っていたという人も多いと思います。

しかし、最近になって
こういったもみほぐすなどのマッサージでは、
余計に筋膜が硬くなってしまい
肩こりの原因になってしまうと発表されています。

この筋膜というのは、
筋肉や筋などを覆っている部位ですが、
マッサージなどを行うと、
通常はどこでも同じ厚みである筋膜に偏りが生じます。

偏りが生じると、
その部分の筋膜の動きは
硬くなってしまいます。

筋肉が硬くなると、
その部分の血流が悪くなります。

そして、
最後は肩こりの痛みとして症状が出てくるのです。

マッサージが効果がないとは言いません。

整体を含めたマッサージの方法もいろいろあって
ちゃんと効果的に肩こりを解消してくれる手技も存在します。

マッサージはダメだと
一言で言われますが
そのやり方で大きく結果は違ってくるので
マッサージが筋肉を余計に硬くする
という考えは良くありません。

また
言ってしまえば「下手で過度なマッサージ」は
肩こりの更なる悪化を招いてしまうことに
繋がりかねないのです。

 

生理食塩水の注射でどーなる?

トリガーポイント注射※画像は麻布ぼだい樹クリニックのサイトより

肩こりの治療として、
生理食塩水が用いられる方法があります。

この生理食塩水を
筋膜が癒着している部分に注射することで、
癒着を解消することが出来ます。

まずはこちらの動画をご覧下さい。

【筋膜リリース 肩甲上動脈】

超音波エコーの動画になりますが、
筋膜が少しずつ剥がれていくのが見て取れます。

この筋膜の癒着部分が
肩こりの痛みの原因であり、
それを生理食塩水を注射し、
剥がしてあげることが解消されるのです。

そして、
この生理食塩水の注射というのは、
肩こりだけにしか使えないということではありません。

他の首や腕などにも使うことが出来ますので、
全身の痛みにほぼ対応している
と言っても間違いではないのです。

 

生理食塩水注射ができる病院は?

木村ペインクリニック|痛みの診療所 ペインクリニック_
生理食塩水の注射に
興味を持たれた人も多いと思いますが、
残念ながらどこの病院でも行っているわけではありません。

ある程度、場所は限られてきています。

その中の1つとしては、
下記の病院があります。

木村ペインクリニック
群馬県前橋市

ここは生理食塩水の注射による
筋膜の癒着剥がしを行っており、
多くの患者さんの痛みが解消されています。

整形外科やましな医院
群馬県高崎市

院長のブログによると…

エコーで確認しながら痛むところの組織に水(生理食塩水)を入れてほぐします。
興味のある人は診察のさいにお尋ねください。
基本的に食塩水を注射するだけなので副作用の心配はありませんので。
肩こりやひざ痛、坐骨神経痛なんかにも結構効きます。

 

麻布ぼだい樹クリニック
東京都港区麻布

トリガーポイント注射と
トリガーポイントマッサージという療法を取り入れて
筋硬結の解消を行っています。

主な適応症は
・頭痛
・変形性頚椎症
・五十肩(肩関節周囲炎)
・三叉神経痛
・テニス肘
・腱鞘炎
・腰痛症
・坐骨神経痛
・股関節痛
・膝関節痛
・線維筋痛症
・筋筋膜性疼痛症候群(MPS)

静脈血流やリンパの流れの正常化、
ひいては組織の治癒能力の改善にもつながると
考えて治療を行っています。

 
なかなか行けないという人でも、
他に出来る場所がないかなど、
問い合わせだけでもしてみると良いかもしれません。

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)