乳癌検診はいつから受診する?カテゴリー分類って何?

乳癌検診というのは、
いつから受診するのが良いのでしょう?

女性なら
誰もが受けておいたほうが良い
といわれています。

目安の年齢なんていうのもあるようですね。

また、
カテゴリー分類というのがあるようで、
これについても調べてみます。

SPONSORED LINK

乳癌検診とは

乳癌というのは、癌の1つですが、
圧倒的に女性に多い癌となっています。
北斗さんの話題が
多くの人が知っているのではないでしょうか。

【北斗晶「乳癌検診に行ってください!」……】

北斗さんが乳癌となり、
生存確率などの話で話題になりました。

この北斗さんが
乳癌検診を受けるようにと呼びかけたことで、
多くの女性が検診に行ったようです。

この乳癌検診は、
まさしく乳癌の疑いを検査するもので、
検診自体にもいくつかの種類があります。

また、日本では、
40歳以上となると、
検診する上で恩恵を受けることが出来ますので、
これぐらいの年齢で受診し始める人が多くなっています。

 

いつから受診するのが良い?

乳がん検診
乳癌検診をいつから受診するべきか?

これは1つの大きな悩みどころではあります。

先ほど、
40歳以上であれば恩恵を受けることが出来る
といいました。

これは、
40歳以上の方が
乳癌の可能性が上がるためです。

しかし、だからと言って、
若くして乳癌になる可能性が低いとは限りません。

遺伝的な要素もありますので、
親戚などに乳癌の患者がいる場合は、
早めに受診しておいたほうが良いのは間違いないでしょう。

 

カテゴリー分類について

カテゴリー分類
乳癌検診を行うと、
その結果がカテゴリー分類されたもので得られます。

このカテゴリー分類というのは、
どの程度、がんの疑いがあるのか
というものになります。

カテゴリーの種類としては、
1~5まであり、
数字が進めば進むほど
癌の疑いが強いということになります。

ただし、
このカテゴリー分類の結果で
判断されるわけではなく、
あくまで1つの目安になります。

最終的な判断としては、
細胞をとっての検査となりますので、
このカテゴリー分類の結果で
一喜一憂するべきではありません。

 

マンモグラフィーで石灰化?

マンモグラフィー石灰化
マンモグラフィーなど乳癌検診では、
石灰化の調査を行います。

この石灰化というのは、
乳癌の初期の段階で伴うことがあり、
これが1つの目安です。

ただし、勘違いしてはいけないのが、
石灰化しているからと言って、
乳癌ではないということです。

マンモグラフィーで石灰化を見つけたとしても、
それは良性石灰化であることがほとんどで、
心配ありません。

そもそも石灰化というのは、
体中の至るところで起きますので、
珍しいことではないのです。

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)