過敏性腸症候群 ガス型の症状。治療と対策と食事。

過敏性腸症候群って大変ですよね。。。

その中のガス型というのは、
どういった症状になるのでしょう。

また、治療する場合や
対策、食事なども気を付けたほうが良いと思います。

そこで過敏性腸症候群について調べてみますね。

SPONSORED LINK

過敏性腸症候群とは

過敏性腸症候群については、
まずはこちらの動画をご覧下さい。

【過敏性腸症候群 | 原因と症状】

動画の中で
過敏性腸症候群について紹介していますが、
緊張などのストレスによって、
突然来る腹痛や下痢が非常に困りものです。

普段は何ともないのに、
ストレスがかかった途端に、
お腹がゴロゴロというのに悩まされている人が多くいます。

社会人の方であれば、
面接やプレゼンの前などに、
そういった症状に陥ってしまうことも少なくないようです。

この過敏性腸症候群については、
原因がはっきりとは分かっていません。

ただ、症状が繰り返されることで、
少しの傷みでも過敏に反応してしまい、
それがストレスとなり症状が引きこされるという
悪循環が繰り返されてしまいます。

 

ガス型の症状は?

By: Holly Lay

過敏性腸症候群の中でも
いくつか分類がありますが、
その中の1つがガス型です。

このガス型の特徴は
ガスが頻繁に出てしまうことが症状となります。

ガスが溜まるので
お腹が張った痛みや下痢などの症状もあります。

また、
ガス型の症状を持つ方は
ガスが臭くなることも分かっています。

そのため、臭いなどにも過敏になってしまい、
出ていないにも関わらず
臭いかもしれないといった
精神的な不安も抱えることになります。

 

治療法と対策

過敏性腸症候群の治療法や対策ですが、
効果的な方法としては、
ストレスマネジメントになります。

過敏性腸症候群は
ストレスがきっかけになることが多く、
症状が更なるストレスを呼ぶ
という悪循環を引き起こします。

そこで、
このストレスをマネジメントしてあげることで、
症状と上手く付き合っていくのです。

薬で無理に直そうとして
他の症状を引き起こすケースもありますが、
これは治療法や対策としては適していないのが分かりますよね。

また、
対策として食事に気を配ることも効果的です。

食物繊維を多く取り入れることで、
症状が改善されることもあります。

ただし、
難しいのはその反対もあり得るということです。

食事については、
人によって適している・適していないというのがありますので、
バランスを見ながら調整していくと良いでしょう。

アルコールやタバコについては、
悪化させるために、
症状が気になるという人は止めたほうが良いです。

しかし、その場合も、
それで過剰なストレスを溜めることがないように、
注意しなければなりません。

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)