赤ちゃんの貧血は目の下のくまで症状がわかる?改善方法は?

赤ちゃんも貧血になることがあります。

その赤ちゃんの貧血というのは
目の下のくまで症状が分かるみたいです。

でも、
どうしてくまが出来るのでしょう?

また、
改善方法なんてものがあれば知りたいですよね。

SPONSORED LINK

赤ちゃんの貧血

元気に動いている様子を見ると、
貧血なんていうものとは
無縁に見えるのが赤ちゃんですよね。

でも、
赤ちゃんでも貧血になることがあります。

まずはこちらの動画をご覧ください。

【赤ちゃんの貧血 前編】

動画では
赤ちゃんの貧血について紹介しています。

赤ちゃんの貧血には
色々と原因が考えられますが、
その中の1つが
鉄欠乏性貧血というものになります。

要するに
鉄分が不足して貧血になるということです。

大人の貧血と一緒ですね。

この鉄欠乏性貧血というのは、
離乳食を開始したぐらいで起きやすいものです。

どうしても食べる量も少ないため、
離乳食からでは
鉄分が不足してしまうということになります。

 

症状は目の下のくまで判断?

赤ちゃんは
自分で自分の症状を訴えることが出来ません。

貧血だからと言って、
フラフラするとか、
鉄分が足りていない
なんて報告することは出来ないのです。

そのために
両親が赤ちゃんの症状を察知してあげる必要があります。

貧血を察知する方法としては、
赤ちゃんのくまに注目するというものがあります。

赤ちゃんのくまというのは、
眼の周りの血流が悪いことを指示していますが、
これが体調が悪かったり、
栄養の偏りがあるサイン
になります。

特に貧血の場合は、
顔色が優れないために、
くまが目立つ
と言われています。

皮膚が薄いために、
くまとして目の周りに出やすいのですが、
これを見逃さないようにしましょう。

もちろんくまが出たからと言って、
すぐに貧血ということではありません。

あくまで貧血である可能性
ということになります。

早合点せず、
赤ちゃんのくまを見つけた場合は、
どこが悪いのかなど注意深く診てあげましょう。

心配な場合は
病院に連れて行って診て貰う
というのが一番安心な方法です。

 

赤ちゃんの貧血改善方法

鉄分が足りなくなることで起きる
赤ちゃんの貧血ですが、
この貧血改善方法としては、
やはり鉄分を補ってあげることです。

そのために
フォローアップミルクや鉄シロップなどがあります。

また、
日ごろの離乳食でも
ほうれんそうやレバーなど、
鉄分が多く含まれた食材を
使ってあげるようにする

と良いでしょう。

よく鉄分摂取のために
牛乳を上げる方がいますが、
これは鉄分の吸収があまり良くないために
オススメ出来ません。

 
 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)