VDT症候群の症状と治療。原因はブルーライト?対策方法は?

VDT症候群は
ある意味では現代病とも言えますね。

症状も様々、治療も様々のようですが、
やはり原因はブルーライトでしょうか?

対策方法もあるみたいですが、
現代生活の中でどこまで実践出来るか分かりません。

画期的な対策法とかあったら良いんですけどね。

SPONSORED LINK

VDT症候群の症状

VDT症候群ですが、
まさに現代ならではの症状と言えるでしょう。

まずはこちらをご覧ください。

『“VDT症候群”って?』

VDT症候群について説明したものですが、
現代の液晶画面というのは、
かつてのブラウン管に比べて影響が悪いようです。

また、テレビやパソコン、スマートフォンと、
常に液晶ディスプレイを見ているような生活の方も
少なくないと思います。

そういった状況の中で
発症するVDT症候群ですが、
動画の中では
目や身体、精神的な不調が症状として表れる
と紹介されています。

具体的には
ドライアイコリ痛みなどになります。

ちなみに、VDT症候群のVDTですが、
これは
「Visuak Display Terminal syndrome」
の頭文字をとったものです。

 

VDT症候群の治療

VDT症候群の治療方法ですが、
これは症状によって異なってきます。

一様に言えるのは、
VDT症候群の症状は
治療に時間がかかるということです。

そのため
治療を始めるのは早ければ早いほど良いです。

そして、
治療についてですが、下記のような形となります。

・眼精的な症状の場合
目薬
マッサージ

 

・身体的な症状の場合
温熱療法
鍼やマッサージ
スポーツ
カイロプラクティック

 

・精神的な症状の場合
カウンセリング
行動療法
薬物療法

 
他にも様々な治療法がありますが、
どれも症状に合わせて選択していく
という形になります。

 

VDT症候群の原因

VDT症候群の原因ですが、
これはモニターを見続けることにあります。

見続けることで発生する、
モニターから出るブルーライトによる影響、
姿勢が悪いことによる血液不良、
目の疲れ
などが主な原因となります。

こういった傾向は
時代の変化とともに増えてきました。

かつてはパソコンなどはなかった時代、
VDT症候群はほとんどありませんでしたが、
今ではほとんどの人が
パソコンで作業する時代になっています。

その結果、
VDT症候群が増えることとなったのです。

また、
スマートフォンの登場も
VDT症候群を増やした原因の1つです。

画面からのブルーライト、姿勢の不良など、
スマートフォンの作業もまた、
VDT症候群を引き起こす引き金になっています。

 

VDT症候群の対策法

By: Naoharu

VDT症候群の対策法ですが、
その方法は様々です。

まずは
目を酷使しすぎないこと
です。

どうしてもパソコンやスマートフォンの画面ばかり見ていると、
目が酷使されることになってしまいます。

適度に休息を取り、遠くを見るなどして、
目の緊張を和らげてあげることが大切です。

同時に色々なものを食べたり、
運動するなどしてリフレッシュすることも重要です。

良質な生活が良質な睡眠を呼び、
身体の回復を促進します。

そういった良いサイクルが
VDT症候群の一番の対策法になるでしょう。

ブルーライトをカットするメガネもあるので
これらを使うという方法もあります。

度なしなので
装着するだけです。

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)