コーヒーゼリーのカロリーはダイエットに使える!?

デザートとして美味しいコーヒーゼリーですが、
ダイエットにも使えそうですね。

その理由は
カロリーが低いからです。

では、
実際にカロリーはどの程度なのでしょうか?

また、
美味しい食べ方なども紹介したいと思います。

SPONSORED LINK

コーヒーゼリーの原材料

By: Kanko*

洋食の食後のデザート
などに出されることも多いのが、
コーヒーゼリーではないかと思います。

ほろ苦いあの味が好きだ
という人も多いはずです。

そんなコーヒーゼリーですが、
原料は至ってシンプルで、
コーヒーとゼラチンのみです。

もちろんレシピによって多少の変化はありますが、
基準となる原料はこの2つになります。

そのため作り方も非常に簡単です。

【コーヒーゼリーの作り方】

動画は
コーヒーゼリーの作り方になりますが、
普通にコーヒーを沸かして、
ゼラチンを入れるだけです。

動画では
コーヒーメーカーに直接ゼラチンを入れて溶かしてます。

冷やす際は別のタッパーに入れて冷やしていますが、
工程も少なく
簡単な料理の部類に入るのではないでしょうか。

 

コーヒーゼリーのカロリー

コーヒーゼリーのカロリーですが、
先程も説明したように
基本がコーヒーとゼラチンなので、驚くほど低いです。

その数値としては、
88gで34カロリー程度
です。

88gというと、
ちょうどコーヒーゼリー一個分ぐらいになりますが、
あの量を食べて
これだけしかカロリーがない
というのは驚きではないでしょうか。

 

コーヒーゼリーとダイエット

コーヒーゼリーはカロリーが低いために、
ダイエットにも非常に効果的です。

食べてもカロリーが低いために太りませんし、
コーヒーの効果で食欲を抑えることが出来ます。

空腹時にコーヒーを飲むと
胃が荒れる心配がありますが、
コーヒーゼリーにすることによって、
そういった心配はありません。

ただし、
コーヒーゼリーでダイエットする場合には
注意点があります。

それは
生クリームなどカロリーが高いものを加えない
ことです。

自分で作った場合や市販品を選ぶ際も、
出来るだけカロリーが高い
生クリームや砂糖は避けるようにしましょう。

これらをたっぷりと使用したものですと、
コーヒーゼリー自体のカロリーがいくら低くても、
全体としてのカロリーが高いということになってしまいます。

 

美味しいコーヒーゼリーの食べ方

コーヒーゼリー
コーヒーゼリーもただそのまま食べる
というのも限界があります。

ダイエットしていても
たまにはいつも以上に美味しく食べたいと思うはずです。

そこで、美味しいコーヒーゼリーの美味しい食べ方を紹介します。

 

・バニラアイスと食べる
バニラアイスをコーヒーゼリーの乗せて、溶かしながら食べる食べ方です。
甘さが際立ち、冷たいのもあって夏にピッタリの食べ方です。

 

・牛乳と食べる
コーヒーゼリーをクラッシュし、牛乳を注ぎます。
そして、そのまま食べると牛乳のほろ苦さと牛乳のコクがマッチして、
非常に美味しく食べることが出来ます。

 

こういったコーヒーゼリーの
更なる美味しい食べ方もあります。

ただ、
ついつい食べ過ぎて
ダイエットが台無しということには
しないようにしたいですね。

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)