レンタルとリースの違いは?それぞれのメリットと車の場合。

レンタルとリース、
どちらも同じ借りるということになります。

そのため、
この2つに違いはない
と思ってはいないでしょうか?

実はこの2つには
色々と異なる点があるのです。

使用用途に応じて使い分けることで、
お得に使うことが出来ます。

レンタルとリースの違いやメリット、
車を例にした事例など紹介したいと思います。

SPONSORED LINK

レンタルとリースの違い

レンタルリース
どちらも端的に表現すれば借りるということです。

ここに間違いはありません。

しかし、
レンタルとリースが同じかと言われれば、
違ったものとなります。

では、
レンタルとリースの違いは何でしょうか?

違いは様々ありますが、
分かりやすいところでは
期間に大きな違いがあります。

レンタル
比較的、短い時間であるのに対して、

リース
レンタルよりも長い期間借りることになります。

また、
レンタルは総じて
中古品を借りることになりますが、

リースの場合は
新品を借りることも少なくありません。

例を上げれば、
レンタルは
DVDやCD、バッグや車などがほとんどです。

リースは、
高額な機械や机、ロッカーなど多岐に渡ります。

このように
違いを見ていくと分かりますが、

レンタルはプライベートで利用するもの、
リースはビジネスで利用するものが多い
ということが分かります。

 

それぞれのメリット、デメリット

それでは、
レンタルとリースのメリット、デメリットは
どこにあるのでしょうか?

 

リース

メリット

・機種やメーカーなどが自由に選べる。
・必要料金を経費として取り扱える。

 

デメリット

・中途での解約は違約金がかかる場合がある。

 

レンタル

メリット

・保管場所に困らない

 

デメリット

・割高になる

 

このように
メリット、デメリットそれぞれあり、
使い方によって
どちらを選択するかが重要です。

例えば
レンタルも割高ではあるものの、
期間が短いのであれば、
結果としてお得に利用できることが多いです。

 

車のケースだと?

By: Yoshiki

車のケースで
レンタルとリースを考えてみると、
下記のような使い分けになります。

リース

ビジネスで長期間の使用でのケースが多くなっています。

社用車や工事用の車両などがこれに当たります。

契約期間も数年間などの単位で取り交わされます。

レンタル

個人が休日など、
お出かけの時に借りるケースになります。

ビジネスでは、
出張先での車移動に使う場合もレンタル利用になります。

車種については、
リースは選ぶことが出来ますが、
レンタルは幅が決まっており、
借りるタイミングで空きがなければレンタル出来ません。

このように車の場合でも、
レンタルとリースではこのような違いがあります。

どちらがお得か?

となると
特にビジネスの場合は、
見極める必要がありますね。

 
 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)