秋バラの見ごろ時期はいつ?特徴と種類について

秋バラの見ごろは
いつ頃かご存知でしょうか?

今回は
秋バラの見ごろを紹介しちゃいますね。

また、
秋バラと言っても特徴や種類も様々です。

そんな知識もあると、
見るのもより一層楽しいのは間違いなしです。

SPONSORED LINK

秋バラとは

バラというと、
春のイメージが強いのではないでしょうか?

そのイメージは決して間違ってはいませんが、
正しくもありません。

なぜなら
秋バラという言葉があるように、
秋にもバラは楽しめるからです。

というか、
正確にはバラは年中楽しむことが出来ます。

バラは大きく分けて
3つに分けることが出来ます。

 ・四季咲き
 ・一希咲き
 ・返り咲き

まず、一希咲きですが、
これが春のイメージをつけているバラです。

このバラは
春にだけ咲くバラのことを言います。

そして、返り咲きというのは、
春に咲き、それ以降も不定期に咲くバラです。

最後に四季咲きというのが、
開花が終わったとしても剪定することによって、
次の花が咲くバラのことを言います。

秋バラというと、
通常、この四季咲きのバラのことを言います。

返り咲きも秋に楽しむことが出来ますが、
確実ではなく、不定期なので、
楽しめないこともあるためです。

 

見ごろ時期はいつ?

秋バラの見ごろの時期ですが、
これは実は非常に難しい問題です。

秋バラは
四季咲きという説明をしましたが、
四季咲きのバラは剪定することによって、
花を咲かせます。

そして、
それは剪定から
おおよそ2ヶ月後ぐらいになります。

つまり、
9月に見ごろを迎えたいのであれば、
そこから逆算して
2カ月ぐらい前に剪定をしておけば、
9月に見ることが出来ます。

そのため、
コレといった見ごろはないのです。

見る場所によって見ごろが異なりますので、
強いて言うなら
見るバラ園などに確認するのが良いでしょう。

多くの場合は
10月ぐらいに見ごろを迎えていることが
ほとんどだとは思いますけどね。

 

秋バラの特徴と種類について

秋バラの特徴ですが、
色が鮮やかで香りが豊かです。

そういった意味では
バラの良さを感じることが出来るのは、
秋バラだと言っても間違いではありません。

また、
秋は気候も相まって香りもかぎやすいので、
そういう意味でも
秋バラの良さを感じるのには適しているでしょう。

その秋バラの種類ですが、
大きく下記のようなものがあります。

・ティー系品種

レディ・ヒリンドン
ディオラマ
ガーデン・パーティ

 

・ダマスク系品種

パパ・メイアン
ネージュ・パルファム
ダブル・ディライト

 

他にも様々な種類がありますが、
それぞれに特徴があり
非常に楽しむことが出来るでしょう。

最後に秋バラ園を紹介します。

【旧古河庭園で秋バラが見頃】

東京の北区で見ることが出来る秋バラです。

黄色やピンクなどの綺麗なバラを見ることが出来ますが、
全部で90種類以上の秋バラがあります。

一面にこれだけ綺麗なバラが広がっていると、
心も安らぎますよね。

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)