オニフスベって爆発する!?どんな味で何の料理に?どんどん成長

オニフスベというのは
とても大きなキノコです。

ただ、大きいキノコ
というだけなら問題ないですが、
爆発までします。

世の中には
驚くようなキノコが存在するものですが、
どんな味でどんな料理で食べられるのか
気になりませんか?

どんどん成長するオニフスベの全てを紹介します。

SPONSORED LINK

オニフスベとは

でかい
オニフスベというのは、
キノコの1種になります。

夏から秋にかけて登場するキノコになるわけですが、
とんでもなく大きく成長するのが特徴的なキノコです。

どれぐらいに成長するかと言うと、
大きい時には、
何と直径で50センチ以上にもなることがあります。

キノコと言うと手のひらサイズで、
どれも可愛いサイズのものばかり
というイメージが強いかと思いますが、
50センチともなれば、とても手のひらには乗りませんね。

このオニフスベは
大きくなるという意味での成長も凄いですが、
成長のスピードもまた非常に驚くものとなっています。

あっという間に表れ、
あっという間に成長していくといったイメージです。

それはまるで
一晩で突然現れた!
と言われるほどです。

 

オニフスベの爆発

Onifusubeきのこ
オニフスベの特徴として、
とても大きく成長することを説明しましたが、
もう1つ忘れてはならない特徴があります。

その特徴というのは、

爆発する

ことです。

キノコが爆発というのは、
イメージが湧きにくいかもしれませんが、
まさしく爆発です。

大きくなったオニフスベが
ボンと爆発し、胞子をまき散らすのです。

その様子は、
ほこりが溜まりにたまったお布団を、
思いっきり布団叩きで叩いた時のようです。

周辺は胞子でまみれ、
爆発したオニフスベは原型が分からなくなってしまいます。

オニフスベには爆発があるため、
あっという間に登場し、
あっという間に消えていってしまうキノコなのです。

 

オニフスベの味と料理

Onifusube
この巨大に成長するオニフスベですが、
食べることが出来ます。

動画サイトでは
その様子を公開している人もたくさんいます。

【巨大オニフスベを食べてみた】

オニフスベを調理している様子になりますが、
非常に大きなオニフスベに包丁を入れています。

かなりサックリ入っていますので、
柔らかいのだと思いますが、
切った中は綺麗な白です。

この方はソテーして食べたようですが、
ソテーした後は鶏肉のように見えなくもありません。

肝心の味のほうですが、
どうやらあまり日本人の口には合わないようです。

海外では料理法として、
バターでソテーして食べられることが多いようです。

食べるタイミングも重要で、
成熟が進んでしまうと
アンモニア臭くてとても食べられません。

食べる時期や食べ方を
よくよく吟味しないと、
美味しく食べることが出来ない難しいキノコとも言えますね。

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)