子供靴の年齢別の平均サイズはこのくらい。

子供靴って
すぐに小さくなっちゃいますよね。

子育てしたことがあるお母さんなら
よく分かるはず。

また、
子供靴を選ぶ時には
機能性だったりはよく気がつくのですが、
肝心のサイズが分からなかったりすることもあります。

靴のサイズは
年齢別の平均サイズが分かっていると覚えやすいんです。

こういった子供靴のあれこれ書いてみますね。

SPONSORED LINK

子供の靴サイズの変化は早い

kodomokutsu
子供ってあっという間に大きくなるよね〜。

これってまさにその通りだと思います。

実感したことがある人も多いのでは?

大きくなるというのが、
親としての喜びでもありながら、
困るのは身に着けるもの

ちょっと前まで着ていた服が、
履いていた靴が、
あっという間に着れなくなっていく・・・

ちょっと高いのを買うのが
ためらってしまうほどです。

子供の靴も、もれなく該当し、
靴サイズの変化は早く、
あっという間に大きくなっていきます。

どうせ大きくなるから、
ちょっと大きめの靴を選んでしまおうとも考えられますが、
足に合わない靴は
発育に影響があるから止めたほうが良いです。

結果的に子供の成長の変化に合わせて、
靴もこまめに買い替えるということになるのです。

 

子供靴の平均サイズ

靴子供平均
実際、
子供はどのくらいで足のサイズが変わっていくのでしょうか?

ここでは
子供靴の年齢別の平均サイズを紹介します。

 ・新生児~3か月:8~11センチ

 ・3か月~6か月:9~12センチ

 ・6か月~1歳半:11~13センチ

 ・1歳半~2歳:12~14センチ

 ・2歳~3歳:13~15センチ

 ・3歳~4歳:14~16センチ

 ・5歳~6歳:17~18センチ

 ・7歳~8歳:19~20センチ

 ・9歳~10歳:21~22センチ

 ・11歳~12歳:22~24センチ

平均ですので、
あくまで目安ですが、
小さい頃ほど成長が早いのが分かりますね。

3か月おきに1センチも大きくなったのでは、
靴も買い替えないといけないですね。

改めて数字で見ると、
子供の成長って早いなと思うばかりです。

 

機能性のある子供靴

子供の靴と言っても、
色々な種類があります。

中には機能性にこだわった子供靴もあるので
ご紹介したいと思います。

 

ミキハウス
ファーストベビーシューズ


その名前の通り、
赤ちゃんの最初の靴としてピッタリの機能性を備えています。
クッション性、ソールの柔らかさなど、
動くということを邪魔しない設計になっています。
初めての靴ですので、
少しお値段もしますが、記念としても良いかと思います。

 

アキレス
瞬足

一時、非常に話題になった子供靴がこの瞬足です。
その機能はズバリ!!
「履くと足が速くなる靴」
になります。
学校の校庭の作りなどに着目されて作られた靴ということで、
この靴をずっと履き続けている子供もいるみたいですね。

 

このように子供靴と言えど、
様々な機能を持ったものが存在します。

デザインだけではなく、
目的に応じて機能面から選ぶのも良いのではないでしょうか。

 

靴を長持ちさせる方法

大きくなり履けなくなることが多い子供靴ですが、
しっかりと手入れをしてあげないと、
その前に壊れてしまうこともあります。

そこで、
最後に靴を長持ちさせる方法を紹介します。

 

サイズの合った靴にする

サイズの合わない靴は
子供の成長に影響があると書きましたが、
靴を長持ちさせるという意味でも重要です。

合わない靴は型崩れの原因となりますので、
サイズの合った靴選びをしましょう。

 

同じ靴を何日も履かない

お気に入りの靴だと、
つい毎日履いてしまうものです。
しかし、これが靴を傷める原因になります。
1日履いた靴は大量に汗などを吸っているため、
休ませてあげることにより、
寿命を延ばすことへ繋がります。

また、余計な菌の繁殖なども抑えられますので、
そういった意味でも効果的です。

 

このように靴を長持ちさせる方法は、様々あり、
どれもちょっとしたことです。

全てではなくても、
どれが1つ実践するだけで大きく違ってきます。

自分に出来そうなものから、
まずは始めてみてはいかがでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)