海水浴の持ち物はコレだ!子供や女性に必須なものチェック!

海水浴の際、
持っていったほうが便利なものは色々あります。

逆に忘れてはいけない
必須のものもあります。

こういった物が
どこかに記載されていればな~
って思いました。

そこで、
今回は私が考える海水浴の持ち物について紹介します。

SPONSORED LINK

海水浴を楽しむために

楽しい楽しい海水浴ですが、
より楽しむためにはそれなりの準備が必要です。

レクリエーションの準備だったり、
スケジュールの計画、
実際に海に入る際の注意点
を把握しておくのも楽しむためには必要です。

海水浴場では
こういった取り組みもされていますが、
子供たちにとっては非常に有益だと思います。

【子ども達が命の守り方学ぶ】

子供たちが
ライフセービングについて学んでいる様子ですが、
赤と黄色の帽子をかぶって真剣に話を聞いています。

空のペットボトル1つで、浮くことが出来るなど、
子供にとっては
楽しみながら学ぶ良いチャンスではないかと思います。

こういった活動も
レクリエーションの1つになるかと思いますが、
定番のバーベキューや釣り、スイカ割など
海水浴で楽しむために出来ることというのは、
実に様々ではないかと思います。

 

海水浴での持ち物リスト

By: ajari

海水浴に行く際に
持っていきたいものを紹介します。

今回は
女性編と子供編で分けてみたいと思います。

 

まず、女性編です。

 ・水着
 ・ビーチサンダル
 ・バスタオル
 ・日焼け止め
 ・着替え
 ・ウェットティッシュ
 ・シャンプー
 ・ビニール袋
 ・ばんそうこう

海水浴ですから、
水着、ビーチサンダルは当たり前ですね。

注目して欲しいのは
ビニール袋ばんそうこうウェットティッシュなどです。

これらがあるとちょっとした時に便利です。

デートなどでは、
男性の好感度がぐっと上がるアイテム
だとも言えますよ。

 

次が子供編です。

 ・着替え
 ・綿棒
 ・ベビーパウダー
 ・体温計
 ・浮き輪
 ・水筒

お子様を連れて行く場合は、
特に着替えは少し多めが良いです。

いつどこで着替えが必要になるか分かりません。

それが海水浴であればなおさらです。

また、
水筒があると適時、
水分補給が出来るので便利です。

子供は
知らず知らずのうちに
かなり水分が失われています。

特に海水浴などでは、
本人も気付きにくいですので、
意識的に水分補給してあげることが大切です。

 

海水浴で気をつけること

海水浴に行って
気を付けなければならないことはいくつかあります。

まずは、日焼け対策

これは
必須の対策ではないかと思います。

皮膚によっては
真っ赤になってしまうこともあります。

日焼けしたくない人は
日焼け止めを塗るなどして対策してあげましょう。

次が置き引き対策

海岸にパラソルを立てて、
荷物はそのままで海へという人もいますが、
貴重品はどこで管理しているでしょうか?

まさか、
パラソルの下に置きっぱなしということはないですよね…。

日本では
比較的、安全かもしれませんが、
万が一のことを考えれば、
そういったことはするべきではありません。

せっかくの楽しい海水浴ですから、
こういったことには十分に注意しましょう。

関連記事:「海水浴場にサメが現れるようになった理由とは」
関連記事:「海水がしょっぱい理由をわかりやすく解説」

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)