機内食が出る時間帯ってどのタイミング?国内線と国際線で違う?

飛行機に乗っていて
いつも思うことがあります。

機内食の出る時間帯
っていつなのでしょう?

タイミングがイマイチ掴めないというか、
もうちょっと分かれば便利だなって思います。

また、飛行機も
国内線と国際線がありますよね。

この2つによっても
機内食については、違うのでしょうか?

調べてみましたので、
書いてみたいと思います。

SPONSORED LINK

機内食の目的

好きな人も嫌いな人も
飛行機に乗ると提供されるのが機内食です。

この機内食ですが、
必要ない人にとっては、
どうして出るのかと不思議に思ったこともあると思います。

実は機内食については、規定が決められており、
フライト時間が一定時間以上になる場合は
出さなければいけないのです。

フライト時間によっては、
食事が機内の中だけになってしまうことがあるため、
お客さんが食事にありつけないというのを防ぐ目的です。

しかし、最近は
機内食を提供しないものも出てきました。

LCCなどで見かけることがあるのではないか
と思います。

ただし、そういったところは事前に告知し、
オプションなどによって選択することが出来るようになっていますので、
飛行機の中には機内食を積んでいるようです。

ところで、
この機内食ですが、
座席のグレードによって、
機内食のグレードも変わることはよく知られています。

なかなかお目にかかれる人は少ないと思いますが、
ファーストの機内食となれば
豪華なものとなるようです。

【ANAファーストクラスの機内食】

ANAのファーストクラスの機内食の動画ですが、
メニューが煮卵などの日本食で
手が込んだものとなっています。

また、容器にも高級感があふれています。

そもそも座席も広く、
さすがファーストクラスっていう感じですよね。

関連記事:「機内食ランキングを発表!」

 

機内食がでる時間とは

機内食が出るタイミングですが、
各社、ある程度似ています。

1回目の食事については、
離陸してから2時間後ぐらい
が多いです。

これは離陸してから飛行が安定し、
ドリンクのサービスを行った後に
提供されるためです。

フライトによって
ドリンクのサービスと同時に行うケースもあります。

また、2回目がある場合は、
着陸の2~3時間前
に出ることが多いようです。

提供し、食べて頂き、
片付けまですることを考えると、
これぐらいが妥当なタイミングなのかもしれません。

 

国内線と国際線の違いはある?

国内線と国際線の違いですが、
エコノミーについて言えば、
国内線では機内食の提供はありません。

グレードが高くなれば提供されることもありますが、
この場合は、
日本の時刻に合わせた形で提供されます。

また、国際線でも、
フライト時間によっては機内食が提供されないこともあります。

国内線とは国際線では
提供されるかどうかに大きな違いがあり、
提供される時間についてもこのような違いがあるのです。

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)