焼酎は芋と麦で何が違う?飲み方も変わる?カロリーも違う?

お酒の中でも特に焼酎が好きですね。

ビールとかワインとかありますけど、
最後は焼酎で締めてます。

麦とか芋とかありますけど、
どれもおいしいんですよね。

今回、
この焼酎の芋と麦の違いについて説明しますね。

飲み方とかカロリーとか
気になっている人多いんじゃないですかね。

SPONSORED LINK

芋焼酎とは

いくつか種類のある中で、
焼酎好きに愛されているのが芋焼酎です。

これは原料がサツマイモであり、
鹿児島や宮崎などの九州のほうでよく飲まれています。

特徴としては、
独特の臭みと濃厚な味わい
でしょうか。

この臭みが良いという人もいれば、
苦手っていう人もいたりで、
好き嫌いがはっきりと分かれる焼酎ともいえます。

ただ、最近は
この臭みが出ないように作られた芋焼酎というのもあって、
こちらは芋の香りが苦手だという人も飲めることが多いです。

 

麦焼酎とは

芋焼酎というのが、
サツマイモを原料にした焼酎であるのであれば、
麦焼酎というのは、
麦を原料にした焼酎であることに説明はいらないでしょう。

芋焼酎と比べて、
圧倒的な飲みやすさが特徴です。

あまりコレと言った癖がないので、
どなたでも飲むことが出来ます。

逆にそれが嫌という人もいるのだけど・・・

焼酎を始めてみたいという人は、
この麦焼酎からがオススメです。

ちなみに、この焼酎ですが、
海外でも人気が高いです。

【日本酒や焼酎ずらり 試飲に行列、人気上々】

これは
海外で日本のお酒を紹介するイベントの様子です。

焼酎や日本酒などに多くの行列が出来ており、
かなり快く受け入れられています。

こういったイベントで
日本のお酒の良さを伝えているわけですが、
広まってくれれば日本人としても誇らしですよね。

 

違いまとめ

麦と芋の焼酎について説明しましたが、
基本的には原料が異なります。

そこから味わいや癖なども異なるため、
飲み方などにも大きな違いが出ます。

麦焼酎:割って飲むのがオススメ

芋焼酎:水割りやロック、お湯割り

芋焼酎はサワーなどには向きません。

独特の香りが邪魔する可能性があるためです。

逆に麦焼酎は、
ロックや水割りでもいけますが、
やっぱりちょっと割ったほうが良いかもしれません。

また、カロリーについてですが、
よく芋のほうがとか、麦のほうがとか言われますが、
それほどカロリーに違いはありません。

しかも、
焼酎のカロリーはエンプティカロリーと言われており、
体外に排出されやすいので、
それほど気にする必要はないのです。

ダイエット中であれば、
むしろお酒のお供であるおつまみに注意したほうが良いでしょう。

 

それぞれおすすめのもの

最後に麦と芋、
それぞれの焼酎でおすすめを紹介します。

おすすめの焼酎

 

赤霧島

芋焼酎と言えば、まさにコレといったものです。
珍しい焼酎なので、九州以外だと見つけるには少し苦労するかもしれません。
おだやかな味わいが何とも言えない焼酎です。

 

黒霧島

赤霧島に比べると見つけやすいのがこちらの黒霧島。
赤霧島にも負けない味わいで、スッキリ飲むことが出来ます。

 

伊佐美

プレミア焼酎と言われるのがこの伊佐美です。
お店で見かけたら一度は飲んで欲しいと思います。
きっと銘酒と呼ばれる理由がわかるはずです。

 

 

おすすめの焼酎

 

綾古稀

フルーティーで飲みやすい焼酎です。
焼酎好きでも納得の一品で、宮城を代表する焼酎でしょう。
初心者の方が始めるのにもピッタリです。

 

中々

芋のプレミアムが伊佐美なら、麦のプレミアムはこの中々です。
美味しい麦焼酎を飲みたいのであれば、ぜひとも試して欲しい1つです。

 

ちんぐ

漫画で紹介されたことで人気が出たのがちんぐです。
何ともまろやかな味わいと少しの個性が特徴です。
何度飲んでも間違いない!
それがこのちんぐです。

 

以上、
全部で6つの焼酎を紹介しました。

この中を飲んでみるも良し、
自ら新たな道を開拓するのも良しです。

楽しく焼酎を飲みましょう。

くれぐれも飲みすぎには注意ですけどね。

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)