合成界面活性剤が危険とされる理由。シャンプー,化粧品に毒性が?

合成界面活性剤は非常に危険だ
と言われています。

でも、これって
普段よく使うシャンプーや
化粧品に含まれているのです。

シャンプーや化粧品は毒性がある
ということになるのでしょうか?

どうして危険だと言われているのか、
ご説明したいと思います。

SPONSORED LINK

合成界面活性剤とは

合成界面活性剤
合成界面活性剤というのは、
人工的に合成された界面活性剤のことです。

そもそもこの界面活性剤というのは、
混ざり合わないものを混ぜるため
に使われます。

例えば、水と油などが良い例です。

これらは通常は
混ざり合うことはありませんが、
界面活性剤のパワーを使うことによって
混ざり合うことが可能となります。

この合成界面活性剤は
日常の様々なところに使用されており、
シャンプーや化粧品、洗剤など至るところで活躍しています。

そのため、
生活になくてはならないものになっていますが、
一方で合成界面活性剤は人体に有害だという話も出ています。

合成界面活性剤は
シャンプーや化粧品などにとってなくてはならないものですが、
有害というのは何とも悩ましいところです。

 

合成界面活性剤が危険なワケ

合成界面活性剤危険
では、どうして合成界面活性剤が危険なのでしょうか?

それを理解するには、
まずはこちらの動画をご覧下さい。

【合成界面活性剤の恐怖とは!?】

合成界面活性剤の危険性について解説した動画です。

塩と混ざると固形化し、
体内に蓄積するなんていうのは、
想像しただけでも恐怖ですよね。

そして、
そこから病気に発展することにも繋がるわけです。

このように合成界面活性剤は、
使用することで
体内に蓄積するという恐れがあります。

また、それ以外にも
肌のバリア機能を壊してしまう恐れもあります。

合成界面活性剤を利用した化粧品やシャンプーなどは、
高い洗浄力を保有する一方で、
高すぎるが故に
肌が本来持つバリア機能をも破壊してしまうのです。

そして、
バリアが破壊されたところから、
体内へと吸収され、
先ほどの話へとつながっていくわけです。

もちろん
だからと言ってすっぱりと止めるというのは難しいとこです。

では、どうすれば良いのか?

それを次に説明したいと思います。

 

どうすればいいのか?

合成界面活性剤
生活の中で
合成界面活性剤が切り離せないのであれば、
出来るだけ使用時間を短くすることです。

例えば、クレンジングなどは、
1分以内で終わらせることを目標にする。

こうすることで、
肌のバリアが破壊される前に終わることが出来ますので、
化粧を落としたうえで肌のバリアも守るということになります。

おおよそ5分クレンジングを続けてしまうと
肌のバリアは破壊されてしまうと言われています。

1分と短いようですが、
肌のバリアを守ると思えば、
決して無理な時間ではありません。

また、同時にしっかりと洗い流すことも心がけて下さい。

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)