風邪で筋肉痛出るのはなぜ?理由は?肩こり,背中の痛みがヒドい…。

風邪で筋肉痛が出ると
ダルい上に痛い…。

動くのがまさにままならない状態です。

この理由ってご存知ですか?

理由を知ると
なくてはならないものだな~って思うと思います。

でも、
肩こりとか背中の痛みがヒドいと
辛いのは間違いないですけどね。

そんな筋肉痛について解説しちゃいます。

SPONSORED LINK

風邪と筋肉痛

風邪girl
風邪の症状と言えば、
どういったものがあるでしょうか?

発熱、咳、くしゃみ、鼻水などなど実に様々です。

そして、
そういった数ある症状の中の1つが筋肉痛です。

普段、運動をしない人であれば、
筋肉痛なんてめったになるものではありませんが、
風邪の時は
もれなく筋肉痛になるという人もいるようです。

この筋肉痛、
まさにあの筋肉痛で非常に辛いものですが、
どうしてなってしまうのでしょうか?

今まで理由も分からず悩まされていた人も、
きっと「どうしてか」っていうのを
知りたい人は多いんじゃないかと思います。

 

なぜ筋肉痛になるのか?理由は?

風邪薬
では、
風邪の時に筋肉痛になる理由ですが、
これは風邪のメカニズムについて考える必要があります。

風邪というのは、
体内には必要ないウイルスが侵入してなるものですが、
体内にはこういったウイルスから身体を守る
防衛反応が備わっています。

それがいわゆる免疫というものですが、
ウイルスが侵入すると、
免疫システムが働き、ウイルスを攻撃します。

ウイルスを攻撃し、体内から除去しようとするわけですが、
この攻撃した際にある物質が出ます。

この物質こそ何を隠そう、
筋肉痛の原因になるのです。

他にも発熱や関節痛などの症状がありますが、
そういった症状は、この物質が原因となっています。

よく発熱はウイルスと戦っている証拠だ
というのを聞きますが、
筋肉痛もまたウイルスと戦っている結果だということです。

また、痛みについては、
無理をさせないという話もあります。

痛みがなければ、
無理してでも動いてしまう人もいるでしょう。

身体にとっては、
ウイルスと戦うために安静にして欲しいのです。

そのために痛みを出して、安静にしてもらい、
ウイルスと戦う環境を作るという目的もあります。

筋肉痛については、
身体から安静にしていてよっていうメッセージでもあるわけですね。

 

肩こりや背中が痛い時はどうする?

嫌な風邪
元も子もないですが、
肩こりや背中が痛い時はただ安静にするのみです。

風邪が治れば痛みは治まります。

そのためには安静にするのが一番です。

しかし、
どうしてもという時もあるかと思います。

そういう時は
冷やすのが比較的効果的です。

冷やすことで痛みが緩和されます。

また、
薬によって痛みを和らげることも出来ます。

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)