風邪をひいた赤ちゃんに食べさせたい離乳食はコレ!

風邪をひいた赤ちゃんはどうしたら良いのか、
いつも迷います…。

最近は
離乳食も食べるようになってきているのですが、
風邪の時は何をあげたら良いのか?

これってかなり難しい問題だなって思います。

そこで、
風邪の時の赤ちゃんの離乳食について調べてみました。

SPONSORED LINK

赤ちゃんの風邪

赤ちゃんと風邪
赤ちゃんと風邪っていうのは、
常に密接な関係だなって思います。

というのも、
いつも咳や鼻水を出しているイメージ
があるからです。

きっとそうじゃない赤ちゃんもいるのでしょうけど、
ネットで調べてみても、
しょっちゅう咳だの鼻だの出している
赤ちゃんっていうのは多いみたいです。

そのため、
どうしても咳や鼻水ぐらいでは、
いつものことかな~って
軽視してしまう部分もあったりします。

ただ、赤ちゃんの場合は
大人に比べても重症化しやすいために、
細かい変化を見逃さないようにしないといけないんですけどね。

例えば、
咳なら痰が絡むようになったとか、
鼻水ならドロドロしたものになったっていうような細かい変化は、
本格的な風邪のサインですので、
見逃さないようにしないといけません。

 

離乳食は何を食べさせる?

離乳食
実際に赤ちゃんが風邪を引いた時、困るのが
離乳食に何を食べさせるか
ということです。

普段、食べさせているものを与えて良いのか?

これって新米ママにとっては非常に難しい問題です。

ただ、実は赤ちゃんだからということはなく、
風邪の時の食べ物は大人も子供も一緒です。

ポイントは、消化の良いものになります。

具体的には
繊維と油が少ないもので、
おかゆやうどん、しっかりと煮たもの
などがオススメです。

体調に合わせて
少しずつ離乳食も元に戻していくイメージで良いです。

普段から段階を踏んで
離乳食のステップアップを図っている時は、
1つか2つ前のステップに戻すくらいで良いでしょう。

無理強いするのではなく、
赤ちゃんが食べることが出来るものを
与えるというのも大事なポイントです。

ただし、
水分補給だけはしっかりしてあげましょう。

これだけは忘れてはいけません。

 

風邪の時に注意すること

風邪と水分補給
赤ちゃんが風邪を引いた時に
注意することはたくさんあります。

離乳食に何をあげるか
というのも注意することですが、
それ以上に
先ほども説明した水分補給については注意して下さい。

風邪の時はいつも以上に水分を奪われがちです。

気付けばぐったりしていたなんてことがないように、
水分補給だけはマメにしてあげることが大切です。

また、赤ちゃんによって
熱があるのに元気なケースもあります。

その場合は無理に寝かせるのではなく、
室内であれば遊ばせても平気です。

ただし、
かいた汗が冷えるなどしないように、
室温や着替えなどには気を配ってあげましょう。

 

まとめ

離乳食
赤ちゃんが風邪の時も、
考え方は大人と同じです。

注意すべきポイントは・・・

・離乳食は消化の良いものを
・脱水症状には要注意
・出来るだけ安静にし、身体を冷やしすぎないように

これらのことに注意すれば、自然と風邪も良くなるでしょう。

心配な場合はお医者さんに連れていくのが良いですが、
その場合は、
普段、どういった離乳食を与えているか
などメモを取っている場合は、
持参するのを忘れないでください。

 

関連記事:「風邪の時は食事を摂らない方がいい?」(大人限定)

 
 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)