簡単ならっきょうの漬け方。最適な時期で塩漬けでも美味しい。

らっきょうの漬け方は実は難しくありません。
簡単にらっきょうを漬ける方法というのがあります。

また、
らっきょう漬けというと
甘酢での漬け方を想像する人が多いと思いますが、
塩漬けという方法もあるのです。

今回、
らっきょうの漬け方について紹介したいと思います。

甘酢漬けも塩漬けも
非常にクセになるらっきょうですが、
自分好みに漬けることが出来ると
さらに奥深い世界が待っているのは間違いないです。

SPONSORED LINK

らっきょうの簡単な漬け方は?

まずはらっきょうの一般的な漬け方を紹介。

①根と茎を取り除き、水で洗う。
  ⇒水で洗うときに薄皮が落ちるように丁寧に洗うのがコツ
②塩をまぶして全体に行きわたらせ、再び水で洗う。
③ザルでしっかりと水を切ったのち、お湯に数秒くぐらす。
  ⇒お湯につけすぎは注意!  
④容器に入れてらっきょうの酢に浸したら完了

どうでしょうか?
普段、料理をやっている方であれば
難しいと感じる人はほとんどいないと思います。

容器を用意したり
材料を用意したりという手間は必要ですが、
実際に調理という調理はほとんどありません。

慣れてきたら、
らっきょうの酢の味を調整すると自分好みに出来ます。

ちなみに、
動画やサイトで参考にしたい人は下記をどうぞ。

【全農(らっきょうの漬け方)】
http://www.jainaba.net/hpgen/HPB/entries/3.html
JA鳥取いなばが紹介しているサイトです。
「本漬け」や「かんたん漬け」が掲載されています。

【らっきょうの漬け方(土付き・塩漬け・甘酢漬け)】

動画でらっきょうの漬け方を紹介しています。
基本的には内容は変わらないですが、
動画のほうがイメージしやすいのでオススメです。

 

いつ作るのがオススメ?

オススメのイチバン良い時期は6~7月です。

らっきょうの旬がこの時期なので、
旬のらっきょうを漬けるのがやはり美味しくなるでしょう。

ただし、だからと言って、
この時期にこだわる必要はありません。

らっきょうが手に入ったり、
今まで漬けていたものがなくなれば
「イチバン良い時期」と言えるかと思います。

 

塩漬けはどうなの?

らっきょう漬け方
らっきょうの甘酢ではなくて、
塩漬けもオススメです。

作り方としては
らっきょうの「酢」の代わりに「塩」で漬けるだけです。
この時の塩の量は
らっきょうの10分の1程度で十分です。

沖縄の島らっきょうでは、
こういった塩漬けが一般的のようですが、
通常のらっきょうでも塩漬けは甘酢と違った味がして
美味しいと評判です。

ただ、塩漬けにしたから
島らっきょうのようになるかというと、
らっきょうと島らっきょうはもともとの味が異なるために、
そこは同じようにはなりません。
あしからず…

 
 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)