寝る前の牛乳で虫歯になる!虫歯予防にならない理由とは?

寝る前に牛乳を飲むという人って
結構います。

しかし、
寝る前の牛乳と言うのは、
虫歯の原因になるのです。

歯を強くすると言われている牛乳ですが、
飲み方に気を付けなければならないということです。

どうして牛乳で虫歯となるのか?

虫歯予防にはなぜならないのかを説明したいと思います。

SPONSORED LINK

虫歯になる原因

虫歯
そもそも人はどうして虫歯になるのか?

これって大きな問題だと思います。

キーンという音が響く、
歯医者が苦手な人であればなおさらです。

この虫歯になる原因ですが、
口の中に存在する虫歯菌が原因です。

虫歯菌が、口の中で糖分を取り込み、
酸を出します。

この酸によって歯が溶かされ、
虫歯になっていくのです。

つまり、虫歯を防ぐためには、
この酸を何とかするしかありません。

 

牛乳で虫歯になる理由

牛乳で虫歯
歯を強くするなど、
歯に対して良いイメージがある牛乳。

寝る前に必ず牛乳を一杯という人も少なくありません。

しかし、歯に良いはずの牛乳も、
飲むタイミングを間違えると虫歯の原因になります。

そのタイミングというのは、寝る前です。

寝る前に牛乳を飲むと、
牛乳に含まれる乳糖が口の中に残ることになります。

そして、
この乳糖をキッカケに酸を作り出し、
歯を溶かすことになるのです。

酸が生み出されてしまうと、
後は最初に紹介した形で
虫歯へとまっしぐらというわけです。

一度や二度では問題ありませんが、
寝る前に牛乳を飲むことが習慣になっている人は、
牛乳を飲んだ後に
しっかりと歯を磨くことが大切になってくるのです。

 

予防にいいものとは?

虫歯予防
虫歯の予防にいいものとは
どういったものになるのでしょうか?

それは、ズバリ寝る前の歯磨きです。

でも、これは既に知っている人も多いはずです。

予防に絶大な効力を発揮するわけですが、
ここでは、それ以外のことについて紹介します。

 

オススメ1【デンタルフロス】

本気で虫歯を予防したい人にオススメなのが
デンタルフロスです。
歯医者さんでやられる糸みたいなものです。
通常、歯磨きでは
汚れの60%しか落とすことは出来ません。
それを補うのがデンタルフロスであり、
用いるとさらに20%の汚れを落とすことが出来ます。

 

オススメ2【フッ素洗口】

フッ素が含まれた液で口をゆすぐ方法ですが、
これも虫歯予防に効果的です。
フッ素の力を簡単に借りることが出来ます。
歯磨きなどが上手く出来ない小さいお子さんなどに適しています。

しかし
フッ素は体に良くないという情報もあります…。

 

他にも
キシリトールガムを噛むなど色々な方法があります。

自分の負担にならず、
生活習慣に組み入れやすいものを選択し、
効率よく虫歯予防したいですね。

 

寝る前のポイント

寝る前に
それでは、
虫歯予防における寝る前のポイントです。

・寝る前には歯磨きと+αで何か対策を。
・牛乳は虫歯の原因になると心得る。

極力、この2点を守る習慣をつけましょう。

そうすることで、
虫歯とは無縁の生活を送ることが出来るはずです。

牛乳の関連記事↓

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)