快気祝いの時期は大安に?相場はいくら?どんな意味がある?

快気祝いを出すタイミングはいつが良いのでしょうか?

やはり
大安などのお日柄を気にしたほうが良いのかなと思っています。

そもそもの快気祝いの意味も含めて、
どういったことに注意しなければ調べてみました。

やはり出すのであれば、
しっかりとマナーは守りたいですからね。

SPONSORED LINK

快気祝いを贈る意味とは


病気などで入院した場合、

退院時などの回復した際に贈るのが快気祝いです。

この快気祝いを贈る意味というのは、

「ご心配おかけしました。無事に回復しました。」

ということになります。

回復したお祝いをお裾分けという意味も込めて、
快気内祝いとも言われます。

地域などによって差はあるものの、
一般的にはお見舞いなどに来てくれた方に出します。

本来の意味としては、
心配をかけた人も含めて全員に出しますが、
さすがにそこまでするケースというのはほとんどありません。

この快気祝いは病気だけに限らずケガなどでも出します。

 

快気祝いの時期は?

快気祝いを出す際は
時期にも気を付けなければなりません。

出すタイミングとしては、
退院など回復したら出来るだけ早くと覚えると良いでしょう。

10日以内に相手方に届くように手配するのがベターです。

距離が近い方、ご近所や親戚などは
出来るだけ早いほうが良いです。

遠くにいらっしゃる方は、多少、遅くなっても構いませんが、
それでも2週間以内が最低限のマナーになります。

また、
快気祝いの到着を
大安に設定したほうが良いのかということですが、
これは一般的には相手方に合わせるのが良いです。

相手方が気にならないというのであれば、
大安じゃなくても問題ありません。

その場合はスピード重視でいきましょう。

気になるという方であれば、
大安に設定しておいたほうが間違いないでしょう。

ただ、分からない場合については、
大安に到着を合わせたほうが無難だと言えます。

これはケースバイケースな部分でもありますから、
周りの人に聞くなどしてみても良いかもしれません。

 

快気祝いの相場はいくら?

快気祝いを贈る際の相場ですが、
これは頂いたお見舞いの半分程度で考えると良いです。

もちろんお金が絡むことですので、
相手に合わせて多少の増減は構いません。

それよりも感謝の気持ちが大切です。

また、贈る品としては消耗品を贈ると良いでしょう。

くれぐれも目上の人には金券などを贈ってはいけません。

失礼に当たります。

お菓子などは使い勝手も良いので、オススメです。

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)