結婚の挨拶したらお礼状を書こう!例文を参考にした書き方

なかなか緊張しないという人でも、
多くの人が緊張するであろう結婚の挨拶。

私も緊張しました・・・

ご飯も食べられなかったくらい(笑)

良い思い出ですが、
今、思えばお礼状は出しておくべきだったと思ってます。

当時、こうすれば良かったな~っていうのを、
例文なども交えて書いてみたいと思います。

SPONSORED LINK

緊張する結婚の挨拶

これから結婚の挨拶をするという人、
ぜひとも頑張って下さい!

きっと上手くいくはずです!

いきなり根拠のないことを書いてしまいましたが、
結婚の挨拶は誰でも緊張するものですし、
根拠ない自信が大切だと思います。

既に相手のご両親に会っている場合でも緊張しますし、
初めて会うというのであれば、
尚更、緊張すると思います。

でも、
少なくても横にいる自分が選んだパートナーだけは、
味方のはずです。

その味方を信じて、しっかりと自分の意思を伝えることです。

相手からしてみれば緊張しているのは、
可愛く映るものです。

守らなければいけないのはマナーで、
それさえしっかりと押さえておけば、
多くは問題ないと思います。

 

挨拶後はお礼状を!

無事に相手のご両親への挨拶が完了したからと言って、
安心してはいけません。

まだまだやることがあります。

その1つが
お礼状です。

年齢が若いと
お礼状なんて出したことがないという人がほとんどでしょう。

私も若い頃はそうでした・・・

しかし、このお礼状を出すことによって、
相手の印象はぐっと違ってきます。

そもそもお礼状というのは、
贈り物を頂いたり、助けて頂いたりした時に出すもので、
今回は
「わざわざ時間を取って頂き、ありがとうございます」
ということで、
出すことになります。

 

例文と書き方

実際にお礼状を書くと言っても、
右も左も分からない状態ではペンも進まないと思います。

そこで、ここではいくつかの例文を紹介します。

参考:Wedding Park

例文1

昨日はお忙しいところを私のためにお時間を頂戴し、ありがとうございました。
嬉しい気持ちをすぐにでもお伝えしたくてペンをとりました。
これまでは結婚というものに、私のような未熟な者でも大丈夫だろうかと
漠然とした不安を感じていましたが、お二人にいろいろとお話を伺い、
また、ご家族の皆様の活気にあふれた楽しい雰囲気に触れることができましたことは、
私にとって忘れられない幸せな時間となりました。
こんなに素敵なご家庭で育った太朗さんと結婚し、
皆様の家族に加えていただけることを本当に嬉しく思っております。
私自身、花嫁修行のようなものを十分して参りませんでした。
至らぬ点ばかりでお恥ずかしい限りですが、どうか今後ともご指導のほどよろしくお願い申し上げます。
まずは早くお礼を申し上げたくお便りいたしました。ありがとうございました。

 

例文2

昨日はご多用にもかかわらず、貴重なお時間を割いて頂きまして、
また、素敵なお店でおご馳走になりまして、ありがとうございました。
たいへんおいしくいただきました。
緊張してしまい、思うようにお話も十分出来ませんでしたが、
お父様お母様の温かい心遣いを頂き、◯◯さん(彼)の幼い頃の思い出話なども伺うことができ、
楽しい時間を過ごす事ができましたことを心から感謝しています。
まだまだ未熟な私ですが、末永くよろしくお願い申し上げます。
末筆ではございますが、お父様お母様のご健康とご多幸をお祈り致しまして書中にてお礼申し上げます。

 

例文3

昨日はお忙しいところを私のためにお時間をとっていただき、ありがとうございました。
嬉しい気持ちをすぐにでもお伝えしたくてペンをとりました。
これまでは結婚というものに、
私のような未熟な者でも大丈夫だろうかと漠然とした不安を感じていましたが、
お二人にいろいろとお話を伺い、また、ご家族の皆様の活気にあふれた楽しい雰囲気に
触れることができましたことは、私にとって忘れられない幸せな時間となりました。
また、おいしいお菓子をいただいて、緊張していた心がほぐれました。ごちそうさまでした。
こんなに素敵なご家庭で育った太朗さんと結婚し、
皆様の家族に加えていただけることを本当に嬉しく思っております。
私自身、花嫁修行のようなものを十分して参りませんでした。至らぬ点ばかりでお恥ずかしい限りですが、どうか今後ともご指導のほどよろしくお願い申し上げます。
まずは早くお礼を申し上げたくお便りいたしました。ありがとうございました。

 

どれも時間を取って頂いたお礼、
結婚への抱負などが述べられています。

書き方としては、
お礼と自分の気持ちを素直に入れることです。

あまりネガティブになってはいけませんが、
誰にでも不安はあるものですから、それを書くことによって、
相手のご両親も助けになってくれることでしょう。

注意点やポイント

お礼状を書く時にこれだけは守ろうという注意点を紹介します。

・便箋、封筒で送ること
・出来るだけ早く出すこと
・感謝の気持ちを入れること
・誤字脱字はないこと

どれも手紙を書く上では当たり前のことです。

特に大事なポイントは出来るだけ早く出すことです。

出来れば次の日には出しましょう。

早ければ早いほうが
相手の気持ちに届きます。

ここが一番のポイントだととらえても良いくらいです。

いくつかお礼状について紹介しました。

挨拶に行く前は
そればかりで頭がいっぱいかもしれません。

しかし、相手の心に響く気遣いとしてお礼状は効果的です。

ぜひ出してみましょう。

 

 
 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)