見逃さない!狭心症の前兆の症状はコレ!チェックしておこう。

狭心症は非常に怖い病気です。

その前兆の症状は様々ですが、
心臓に不安がある人なら、
ぜひとも覚えておきたい症状です。

不安な方は見逃さないように、
前兆の症状をチェックしておいて下さい。

気を配っておけば安心です。

SPONSORED LINK

狭心症とは

By: ajari

狭心症というのは、
心臓の辺りに痛み圧迫感を起こす症状になります。

人によって症状は様々ですが、
狭心症というのは、
その原因などによっていくつかに分けることが出来ます。

・労作性狭心症
・安静狭心症
・器質型狭心症
・異型狭心症
・安定狭心症
・不安定狭心症

これらの狭心症は
血管が狭くなることで起きるもので、
十分な酸素などが心臓の筋肉に運ばれない際に
痛みなどの症状となって表れます。

そして、
こういった血管が狭くなるのは、
糖尿病や脂質異常などから起きる動脈硬化などが原因です。

 

狭心症の前兆に起こる症状

狭心症が起きる前には
前兆と呼ばれる症状があります。

それらの症状を知っておくことで、
狭心症の早期発見に繋がります。

狭心症は、症状にもよりますが、
偶然に見つかるケースというのも少なくないのです。

では、狭心症の前兆に起こる症状ですが・・・

・腕に妙な痛みが走る
・背中が痛い
・肩が痛い

これらは実際に狭心症が見つかる前に、
起きた症状の例になります。

狭心症の症状として、
胸が痛いなどをあげましたが、

その前兆となる症状は
決して胸の周辺とは限らないのです。

肩が痛いというのも、
人によっては肩コリと勘違いしてしまうかもしれません。

そのため、こういった症状に合わせて、

・動悸
・息切れ
・冷や汗

これらの症状が見られるようであれば、
検査を必ず受けるようにしましょう。

また、家計に心臓病の方がいるようであれば、
自分もなるかもしれないと、
可能性は把握しておくのが良いでしょう。

 

症状をチェックする

狭心症は、先ほど紹介した具体的な症状の他、
日常生活で見られる些細な部分からもチェックすることが出来ます。

・階段などを登るとすぐに息切れ、動機がする。
・胸の痛みの他、腕や肩などにも痛みが走ることがある。
・冷や汗や吐き気を催すことがたびたびある。
・高血圧、もしくは低血圧である。
・たばこを吸っている
・糖尿病や痛風である。

これらにチェックが当てはまる人は、
狭心症の可能性がある人です。

ただし、
当てはまったからと言ってすぐに狭心症になるわけではありません。

数が多くても狭心症の人もいれば、
全てに当てはまるけれども狭心症ではない人もいます。

1つの目安として捉え、不安な症状が出た場合は、
病院で検査を受けると良いでしょう。

 

前兆があったら…

狭心症の前兆があり、
日常生活の中でも当てはまるものが多い・・・

この時は検査を受けに行きましょう。

症状や簡単なチェック項目だけでは、
本当のところは分かりません。

病院の検査では、下記のような形で検査を行います。

・心電図
・エコー
・シンチグラフィ
・冠状動脈造影

これらの検査を行うことによって、
狭心症かどうかをしっかりと検査することが出来ます。

しっかりと検査することをおすすめします。

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)