ヘルパンギーナはうつる?感染した時の治療薬がないってホント?

ヘルパンギーナは子供に多い症例ですが、
他の人にもうつります。

また、
大人にも十分にうつる可能性はありますので、
しっかりと予防や対策が必要になります。

万が一、
かかった場合は安静にするというのが 一番の対策方法になります。

今回は
このヘルパンギーナについて紹介していきたいと思います。
症状や治療法などについて詳しく書いていきます。

SPONSORED LINK

ヘルパンギーナとは?

ヘルパンギーナになってない赤ちゃん
ヘルパンギーナというのは「夏かぜ」のことを指します。

特にウイルスが原因の夏かぜになりますが、
乳幼児や小児に多く見られます。

夏かぜですので、
多いのは6~8月ぐらいの時期ということになり、
突然、高熱が出たり
口の中に水ぼうそうが出来たりという症状があり、
食べ物を食べる時には
口や喉がとっても痛くて食べられないケースが大半となっています。

ヘルパンギーナについては動画で詳しく解説されていますので、
まずは一度見てみるのがオススメです。

『ヘルパンギーナの子供と大人の症状とは?』

 

ヘルパンギーナはうつるの?

ヘルパンギーナのウィルス画像
ヘルパンギーナはうつります。

子供に多いと書きましたが、
大人でもヘルパンギーナに感染する人は少なくないですし、
大人でも子供と同様に高熱が出て、
喉が腫れるために食べ物を食べる時に
痛みを伴うこととなります。

大人の場合は免疫力があるために
体調不良の時などに
潜伏していたウイルスが発症してしまうケースが多くなっていますので、
しっかりと自己管理をして、
「体調を崩さない」というのが感染を防ぐ予防になります。

 

感染したらどうするの?

By: SashaW

ヘルパンギーナに感染してしまったらどうするのか?

基本的にはかぜに対して行っていることと同じで構いません。

熱が出るので安静にすること。
熱による脱水症状が疑われるので水分をしっかりと補給すること。
体力を奪われてしまうので食事を取って栄養を補給すること。

こういったことを行うことで対策としてはバッチリです。

ただし、
喉の痛みなどが伴うために食べ物の摂取はツラいことが多く、
子供は痛がってあまり食べないということも考えられます。

そういう時は出来るだけ
喉に負担のかけないものを準備すると良いです。

口内炎にしみない食事の方法。

 

治療薬はあるの?

ヘルパンギーナに効くクスリ
ヘルパンギーナの原因であるウイルスに
有効な治療薬というのはありません。

基本的には自己防衛での回復ということになりますが、
あまりにも高い熱が出ている場合などは
「解熱剤」などが処方されることもあります。

治療薬がないだけに
一番の治療法は安静にするということになるようです。

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)