ヘルパンギーナに感染した時の食事の取り方。しみない食べ物はコレ

ヘルパンギーナに感染すると
口の中に口内炎が出来るので
食事をするには非常に苦労します。

特に刺激が強い食べ物では痛みが伴うので
何を食べるのかはとても注意が必要となります。

お子さんの場合は食事を出しても
食べてくれないとういケースも考えられます。

そういったヘルパンギーナの食事の際、
どういったことに気をつければ良いのかを
この記事では説明していきたいと思います。

ヘルパンギーナを治す上で
食事は非常に大事なものになりますので、
ポイントを押さえて栄養を摂取するようにしたいですね。

SPONSORED LINK

ヘルパンギーナになったら食事出来るの?

By: Zaqqy

口の中に口内炎が出来るヘルパンギーナですが、
まったく食事が出来ないというわけではありません。

むしろ高熱が出たりするために
食事をしっかりと取って栄養補給することは非常に大事です。

しかし、
口内炎によって食事で痛みが伴うために
食事を取りずらいということは考えられます。

そのために通常の食事ではなくて、
あまり痛みが伴わないような食事にしたほうが良いですね。

ヘルパンギーナはお子さんがかかることが多いですが、
痛いと食事を嫌がってしまうケースがありますので、
まずは食べてくれそうなものを考えるのが先決になります。

ヘルパンギーナはうつるのか?治療薬はある?

 

食事はどうすれば?

食事ですが、
まずは栄養を補給出来ることを目指しましょう。

ですので、
食べることが出来るという時に
何か少しでも食べて貰うということが大事です。

ヘルパンギーナは高熱も伴いますので、
口内炎が痛むからと言って食事を避けてしまっては
場合によっては脱水症状を引き起こすこともあります。

アイスでもプリンでも
冷たくて柔らかいものであれば痛みも少なくなりますので、
状況を見て、
そういったものから食事をスタートさせるのもありです。

この動画でも『刺激が少なく、柔らかいもの』と紹介されています。
それ以外についても紹介されていますので、
ヘルパンギーナについて知りたい人はおすすめです。

【病気をしるしるカレンダー 《夏》ヘルパンギーナ】

 

何が口内炎にしみないの?

食事の時に痛みが伴うと説明しましたが、
では、どういった食事がしみないのか?

ヘルパンギーナの時にオススメの食事は・・・

おかゆ
雑炊
スープ
シチュー
アイス
プリン
麦茶
などなど、になります。

おかゆや雑炊は栄養が取れますので特におすすめですが、
熱いのは痛みが伴いますので、
あまり熱くないと良いかと思います。

また、脱水症状が怖いですので、
アイスやプリン、
場合によってはジュースでも良いですので、
水分補給はこまめにすることが重要です。

果汁などのジュースは酸味で痛みが伴うことがあるので、
栄養補給も兼ねることが出来ますが、
様子を見ながら上げるほうが良いですね。

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)